おすすめ漫画・アニメ

漫画「鬼滅の刃」が面白い!途中まで読んでみたのでネタバレ感想!!

2019年9月14日

こんにちは(*´∀`*)
カモ子です!

数日前37度あった気温が今日は26度。
ちょっと冷や冷やしてきました。もう夏も完全に終わりだなあ。

さて。
あなたは鬼滅の刃という漫画をご存じですか?

私は少年漫画と呼ばれるジャンルのものは今現在「スパイファミリー」しか読んでいないのですが、
今日初めて「鬼滅の刃」を読んでみました。

タイトルで想像したストーリーよりも面白い!!!

鬼滅の刃!ネタバレ有りの適当なあらすじ


鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

時は大正時代。
竈門炭治郎(たんじろう)は母と弟や妹たちのために一生懸命働き、貧しいながらも幸せな毎日を過ごしていた。
父は他界しており、父の分も炭治郎が必死で働き生活の足しにしていた。

そんなある日、山暮らしの炭治郎が炭を売りに出ている間に、家族が鬼に殺されるという事件が起こった。
ただ一人、妹の禰豆子(ねずこ)だけは辛うじて生きていたため、炭治郎はお医者にみせようと急いで雪山を下りていく。

ところが、その途中突然禰豆子が唸り声を上げたため、おどろいた炭治郎は足を滑らし雪道から落ちてしまった。
禰豆子を心配した炭治郎だったが、とつぜん禰豆子は炭治郎に向かって襲い掛かってくるではないか。
なんと禰豆子は鬼になっていたのだ。

わけがわからない炭治郎の前に現れたのは冨岡義勇という青年。
炭治郎を救い、鬼になった禰豆子を退治しようとするが炭治郎は「妹だから斬らないでくれ」と懇願する。

冨岡は聞き入れなかったが、その後冨岡の攻撃で意識を失った炭治郎を守ろうとした禰豆子の姿を見て、確かに鬼と化してはいるが完全な人食い鬼ではないと判断。
目を覚ました炭治郎に、「山の麓に住んでいる鱗滝左近次という老人のもとを訪ねろ」と言い去っていった。
 
 

鬼滅の刃を読んだ感想

最初は「いくら人気だからって鬼の話だなんていやーーーーん!!」と思っていた私。
でも、食わず嫌いはもうやめようと決めていたので読んでみることに。

すると思いの外面白くてサクサク読んでしまいました。
早い段階でいきなり家族が鬼に殺されるという悲劇が起こりますが、主人公がとても思いやりがあり前向きなので読んでいても救われます。
 

しかしながら・・・登場人物の名前が難しい!!
竈門炭治郎だとか禰豆子だとか鱗滝左近次だとか鬼舞辻無惨・・・難しい名前のオンパレードで、一回読んだからと言ってすぐ覚えられるわけではありません。

馴染みのない名前が多いですが、「『奇抜に見えるが実在する』姓名が多用されている」そうです。(Wikipediaより)
慣れるしかないね、こりゃ。
 
 

アニメ化されているんだってよ!


鬼滅の刃 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

↑Blu-ray出てます。
 

私の弟によると、漫画はもちろんのことアニメがとにかく人気なんだと。
少年漫画あまり読まないから全然知らなかったですけど。

色々読んでると、ストーリーも絵も音楽も、何もかも良いそうですね。

そこまで絶賛されてるなら一度アニメの方も見ておきたいです。
気になる方はBlu-rayをどうぞ。
 
 

おわりに

とりあえず読み始めたばかりなのでまだまだ鬼滅の刃については詳しくないのですが、面白い作品に出会えて満足です。
鬼とか興味なくても大丈夫。
面白いストーリーですのでまだ見てない方にはぜひぜひおすすめしたいです。

e-book Japanでも読めますし、他にも面白い漫画がたくさんあるのでぜひどうぞ(*´∀`*)


 
 
追記2019 10/29
徳島県のアニメイベント「マチアソビ」で鬼滅の刃マンマローザゲットしました。
関連記事はこちら↓からどうぞ。
 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク