おすすめ漫画・アニメ

【きのう何食べた?2話】漫画の簡単あらすじと感想そして登場人物

2019年5月24日

こんにちは!
カモ子です。

テレビドラマでも大人気の「きのう何食べた?」ですが、ここでは漫画をネタにあらすじ・感想を書いていきたいと思います。
今回は第二話。

きのう何食べた?2話で新たに出現した登場人物

 
富永佳代子 筧士朗の唯一の女性のメール相手。安売り商品を半分こする間柄。
 
 
 

きのう何食べた?2話の簡単あらすじ

 
昨年の梅雨時のこと。
筧士朗はニュータカラヤにいました。
 
店頭には一玉880円のスイカ。
その年はスイカの当たり年な上に、大玉のスイカが¥880。
さらに筧士朗はスイカが大好き。

これはぜひとも買いたいところですが、2人暮らしの家にこの大玉スイカ丸々1個は大きすぎます。

どうしようか悩んでいたら、筧の隣にもスイカをガン見している中年女性が1人。
もしやこの女性も自分と同じようなことを考えているのかも・・・と思った筧でしたが、まずは目当ての卵コーナーに行くことに。

目的の商品を購入し、再度店頭に戻った際にスイカの前でまたさきほどの女性と遭遇します。
少しの間があった後、女性が「ねぇあなた、このスイカ半分こしない?」と声をかけます。
筧は即座に同意したのでした。
 
 
そして2人は女性のアパートにいました。
女性がスイカを切っている間、筧は麦茶とスイカをご馳走になります。
(筧に出されたスイカは女性が一昨日スーパーで買ってきたもの)
 
 
普段はスプーンですくって食べる派の筧でしたが、そういうちまちました食べ方だとゲイっぽく見えるかもしれないと思い、かぶりつくことにします。
突然ワイルドにスイカにかぶりついた姿を見た女性。

突如不安になってきます。
なぜこんなハンサムな男が自分の家にいるんだろう?ホストか何かなのか、それともなんか企みがあって家に上がりこんできたのか・・・女性の不安はどんどん増すばかり。
 
その上。
タイミング悪く、その時期30代40代の女性ばかり狙って自宅に押し入り暴行する犯罪がその地域付近で多発していたのです。
不安がピークに達した女性。
「お父さーーん!!!」と叫びながら家の中を逃げ回ります。
混乱する筧。

もし警察がやって来てこの女性が自分は家に入れてないと言い張った場合、弁護士資格が危うくなってしまうことに気づいた筧。
まだ尚騒ぎ続ける女性を落ち着かせるため、「私はゲイです!」と大きな声を出します。

効果覿面、驚いた顔で静かになった女性。

そこへ少し落ち着きを取り戻した筧は「私、弁護士をしています!」と名刺を差し出します。
「弁護士さんなんだ」とすっかり落ち着いた様子の女性。

ゲイを告白するより前に弁護士をしていると先にいうべきだったと気づいた筧ですが時既に遅し。

そこに近所(?)に住んでいると思われる娘が家に入って来ます。
そして見慣れない男(筧)を見て少し怪訝そうな表情を浮かべます。

慌てて自己紹介しようとした筧でしたが、女性が先に「心配しないで、この人ゲイなんだって」と乱暴な紹介をしてしまいます。

さらにそこへ女性の夫が帰宅。
筧を見た夫に、女性と娘が「この人、ゲイなんだって!」と紹介。

踏んだりけったりの筧でしたが、勘違いして騒いだことを少し悪く思った女性がお昼ごはんを誘います。
 
そして女性の自宅でツナとトマトのぶっかけそうめんを食べながら料理談義に花を咲かせた二人。
こうしてこの富永佳代子さんとのつきあいが始まったのでした。
 
 

#2スイカの回の感想

女性自らスイカの半分こを提案したにもかかわらず筧を不審者扱いして騒ぎ立てた挙句、娘や夫に「この人はゲイ」と無礼な紹介の仕方。
ひたすら筧が気の毒になってしまう回でした。
 
とはいえ、最後は美味しいツナとトマトのぶっかけそうめん(薬味たっぷり!)をご馳走してもらい、ハッピーエンドとなったのでめでたしめでたしです。
まさかこのスタートから、その後仲良しさんになるとは少々びっくりですけどね。
 

「素敵な出会いはどこに転がっているかわからない!!」ということね!!


 
利尿作用があり、体に良い上に美味しいスイカが主役だった2話でした。

ではまた3話のあらすじもお楽しみに。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク