おすすめ漫画・アニメ

【王子が私をあきらめない】椿派?初雪派?キャラクター全員おもしろい!あらすじ&感想

2019年11月25日

カモ子です。
こんにちは!

昨日アサダニッキさんの「青春しょんぼりクラブ」について書いたのですが、
今回は同じ作者さんから「王子が私をあきらめない!」という作品について書いてみようと思います!

ギャグマンガ好きな人に激しくオススメしたい作品。

王子が私をあきらめない!のあらすじ


王子が私をあきらめない!(1) (ARIAコミックス)

祖父がレアアースを掘り当てたことで、庶民出身なのに超お金持ち学校「私立王冠学園高等部」に入学することになった主人公の吉田小梅。
その学校の生徒会長、一文字初雪(いちもんじ はつゆき)は学校中の女子の憧れの的。

容姿と成績が良いばかりか、

・母親は元華族
・祖父は一文字財閥の総帥
・曾祖父はマフィアのボス
・いとこは石油王
・バイオリンで世界のコンクールを制した過去がある
・ピアノもフルートも超一流
・小5の時の作文でノーベル平和賞
・STAPPE細胞を発見

・・・と、高校生とは思えない才能と環境!

学校中の女子が初雪に熱狂しているが、主人公の小梅はどうもついていけない。

 

そんなある日、小梅がお手洗いに行くと、トイレの個室の中で一文字初雪が一人で弁当を食べているところに遭遇してしまう。
それをきっかけに小梅に関心を持った初雪。
 

初雪は便所飯仲間として小梅を引き込んだり、一緒にプリクラという名の記念写真を撮ったり、積極的に小梅に関わろうとする。

四天王により一度はプリクラを没収されてしまった小梅だったが、無事奪還。
しかしスキをついて再び襲い掛かってきた四天王の1人(メガネ)から小梅をかばおうとした白雪。
事故で白雪の唇と小梅の唇が触れてしまう。

小梅は激しく動揺するが白雪は「これは粘膜の接触だ」と冷静。
キスをしたという自覚はなかったようだが、これまで通り小梅に固執し、友情を築こうと積極的な白雪。
 

しかしながら、小梅の「事故とはいえ、キスをしてしまったら平然とはしていられない!」という言葉に、
自分の小梅への気持ちに気づき、翌日注目する生徒たちの前で告白。

 

さらに小梅の世界(庶民の世界)をもっと知ろうと満員電車に乗ってみたり、休日に小梅と商店街をブラブラしてみたりと努力を続ける。
小梅とは既に交際しているつもりで婚約も視野に入れようとする初雪だったが、小梅に「交際しているわけではない」と言われてしまう。

落ち込む初雪だったがあっという間に立ち直り、また生徒たちの前で告白まがいのことをする。

ざわつく生徒たちを制止し、小梅を連れて逃走。
追っ手を撒くためにカーテンの中に逃げ込み、小梅にキスをしたのだった。

後はもっと複雑に、そして面白くなるよー、漫画読んでみてね(*´∀`*)
 
 

「王子が私をあきらめない!」を読んだ感想

とにかく面白かったこの作品。
とりあえず読んだところまでの感想を書いていきたいと思いまっす。
 
 

登場人物の名前が面白い

「青春しょんぼりクラブ」の時も登場人物の名前が個性的すぎる!!と思ったのですが、今回の「王子が私をあきらめない!」もなかなか変わった名前です。

主人公は吉田小梅ちゃん。
王子は一文字白雪様。
小梅の友達は花火ちゃん。

四天王は、
剣崎柿彦
鬼ヶ島桃太郎
花岡椿
蓮之介

 
しかしながら小梅という名前は彼女にマッチしてていい感じなんですよ。
白雪様も。

でもね、一番オモローなのが四天王の1人、鬼ヶ島桃太郎。

パッと見美人なんですが、実は男子生徒でしかも名前が桃太郎。

もう、いちいち笑える・・・。

 

 

完全にギャグマンガ!ルナティッ〇雑〇団好きならハマる


新装版 ルナティック雑技団 1 (りぼんマスコットコミックス)

本当に何もかもが面白いです。

純粋で一途な初雪と、いちいちマトモな反応の小梅、そしてテンションがおかしい四天王の3人(椿だけはマトモ)、この変なテンションが私が大好きだったル〇ティック〇技団を思い出させる感じ。
「〇いつら〇%伝説」もね。

あのドタバタなノリに、ときめきのエッセンスが加わったのがこの「王子が私をあきらめない!」だと思ってくれたらわかりやすいかも。

最初読み始めた時はギャグマンガだとは思わなかったのに、完全にギャグマンガですw
 

 

椿先輩か?白雪様か?あなたが小梅ならどっちを選ぶ?

学園の王子、白雪様。
そして四天王の1人、椿先輩。

あなたはどちらの男性が好みですか?

私は・・・いやーん。
両方好き!!

白雪様の神々しさにも触れてみたいし、椿先輩の当たり前な感覚もホッとするし、こりゃー迷いますな。

でも、こんな
ギャグ漫画なのにドキドキエッセンスもあって、「粒入りジュース」飲んでるようなラッキーな感覚
があります。

どちらかというと、椿先輩の男らしさに胸の鼓動を感じていますが、白雪様がカーテンの中で小梅にキスした時はめちゃくちゃドキドキしました!
いいねいいね!

白雪に嫉妬してる感じの椿先輩も、椿先輩に嫉妬してる白雪様も、両方素敵。うん。

鼻血止まりせん。ブーーー!!

でも私が小梅なら椿先輩かな。

 
 

王子が私をあきらめないの感想!!アサダニッキさんの漫画最高

「青春しょんぼりクラブ」もかなり好きなテイストだったのですが、この「王子が私をあきらめない!」もめちゃくちゃ面白くて、一気にアサダニッキさんの漫画のファンになってしまいました。

何もかもが私に合う!!

まだ2作品しか読んだことがないけれど、もっともっと読みたくなりました。

今後彼女(女性ですよね?)の作品を読み漁る予定なのでまたレビューしますね。

とにかくホント面白いのでギャグマンガが好きな人は絶対読んでみてください。

確実に、今年読んだ漫画の中で一番笑えた作品です。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク