おすすめ漫画・アニメ

【静かなるドン】最終回ネタバレありの感想|秋野さん・龍宝・鳴戸・イゴール・猪首!みんな大好き

2021年8月4日

何度読んでもまったく飽きることがない漫画、静かなるドン。
めちゃくちゃ長いけれど、時々憑りつかれたかのように読んでしまう、中毒性のある漫画です。

今日はそんな静かなるドンの最終回についての感想を書いてみようと思います。
 

ネタバレちょっとしてしまうかと。
まだ読んでない方は注意!
 

静かなるドン!最終回まで盛りだくさん

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
静かなるドン 108巻

静かなるドン、ヤクザの話だけで収まらずマフィアまで出て来てかなり話が大きくなりましたけど、最終回よくまとめたな、という印象。
(めちゃくちゃ登場人物増えたよね)

あれだけとんでもない方向にストーリーが進んだ割には最後いい感じにまとまってました。
ただ、各登場人物に思い入れがある私としては寂しいラストだったことは否めません。

それではお気に入り登場人物のラストの感想を書いていきまーす。
 
 

秋野さんと静也の絆に涙

秋野さんと静也の関係についてですが、ブチ切れた静也が色々とやらかしてしまったことがきっかけで、2人はそれぞれの道を歩むことになりました。
 

秋野さんと静也の長い長い付き合いを思うと、なんか泣けるなあ。
本当に別れてしまったんだなぁ・・・と。
(初登場時の秋野さんなんて三つ編みおさげの可愛い女の子だったもんね)
 

ずっとずっと一緒にいたのに、ついにこの時がやって来てしまったか・・・という思いです。

でも、最後に名前で呼び合ったシーンは良かった。
あんなことがあったからにはあの結末は仕方ないと思うけれど、ホントいつかまた2人一緒になれたらいいなあ。
てかなってくれ!!
 
 

鳴戸さんと龍宝・イゴール・理江は・・・

前巻から私の密かなお気に入りなのが元殺し屋で、現在龍宝の舎弟のイゴール。
あの手刀で「シュッシュッ」ってやるのが可愛くて、彼氏相手に何度もやってしまったほど。

龍宝が面倒みそうな気はしてたけど、アメリカまで連れて行っちゃうとはねえ。
(なんだかんだ面倒見の良い龍宝くん)

そして、龍宝も大好きな鳴戸さんと合流できてよかった

理江もいることだし、またいつか静也とも再会する気がするなぁ。
鳴戸が「総長~~!!!」って言いながら顔出してそう。

私は静也が理江や鳴戸、猪首(龍宝も)とワイワイやってるのがすごく好きなので、またたまには再会してほしい。
 
 

猪首と静也はずっと一緒

静也は、自分に切られまくったせいで、顔に深い傷が残ってしまった猪首のことを気にしていました。
猪首のあの顔では今後も極道以外は無理だろいうということで、一生面倒をみるしかないと考えます。

秋野さん、鳴戸さん、龍宝はいなくなってしまったけれど、猪首はずっと一緒!

そこは単純に良かったなと思います。

最初から最後まで、一度も静也から離れなかったのって猪首ぐらいだもんね。
(あの鳴戸さんでさえ暫く離脱してたし)
 
 

馬場花子写真展に秋野さんと静也の写真

個人的にじーーんと来たのが馬場花子の写真展のシーン。
逃野先輩や部長など、馴染みのメンバーが出て来ます。

色んな写真がある中、元副社長(奥様)がじっと見ていたのが静也と秋野さんが穏やかな笑顔で下着について談笑しているシーンをとらえた1枚でした。

追憶というタイトルがついたその写真を眺めながら「確かにふたりはいたのよね・・・」と。

 

あんな感じで会社をやめた静也はもう二度とプリティに現れることはないし、それは秋野さんも一緒。

 
あれだけキャラの濃かった静也と、チーフから始まって最終的にはプリティの社長にまでのぼりつめた秋野さんがいないって寂しいなあ。
でも、プリティには確かにあの二人がいた。
 

この最終回の中でも記憶に残るシーンでした。
 
 

静也と猪首の最後のシーン

秋野さんや鳴戸、乳栗やプリティの社員たち・・・静也の周りにいた賑やかな人たちがみーんないなくなってしまいました。

静也が長年描いていたゴールが現実になりつつある状況の中で終わりを迎えたこの漫画ですが、やっぱりちょっと寂しいかな。
でもようやく龍子と描いていた現実が見えて来たわけだから喜ぶべきなのかも。
 

それに、秋野さんはいなくなっちゃったけど、静也は今でも秋野さんにもらったなぎの護符を大事に持ってるんだもんね。

そして、昔と変わらず静也の隣には猪首がいる。
そこはちょっと嬉しかった。
 
 
静也は兵隊の私物化というか、秋野さんやプリティ絡みで自分とこの組員を動員することが多々あり、そこだけは「オイオイ!」って思ったりもしたけれど、それ以外は良いドンだったと思うんだよね。

変に抗争を煽ったりしないし、無駄な戦いを避けようとしてたし。

 
下着デザイナーの仕事が大好きで、何としてでもしがみつきたかったはずの仕事を捨てなきゃならなかったのは辛かったと思うけれど、なぎの護符を大事に、自分が目指した道を歩んでいっているのはさすがだなーと思います。
 
 

静かなるドン最終回感想まとめ(ネタバレあり)

静かなるドン、最初から最後までホント最高。
運命だとか血だとかに抗って生きる静也にはものすごくエネルギーをもらいました。

笑いあり、涙ありの最高の漫画です。

めちゃくちゃ長いけど、これからも何度も読むはず。
終わり方含め、良い作品でした。

静かなるドン、最高!
 

海腐関連はこれ↓

 

 
 
最後まで読んでしまったドン大好きさんはこっちもどうぞ↓

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
「静かなるドン」完全データブック 1巻

作品誕生の秘密から、登場キャラクター紹介、名場面集、極道の名門・近藤家の大解剖など、「静ドン」のすべてがわかる完全ナビ本です!

 

漫画・アニメ・映画がお好きな方におすすめU-NEXT!31日間無料トライアルあり。


 

31日もあったら好きな漫画読み切れるし、長編ドラマも見放題でしょ。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:


たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク