おすすめ漫画・アニメ

【アニメ弱虫ペダル1期2話】「部員を増やすため」ママチャリで今泉と勝負!ネタバレあらすじと感想

やっぱ弱虫ペダルは元気が出るねえ。
久しぶりだけど見て良かった。

ところで実写版の映画が夏にあるらしいけれど、滝川なんとかさんの事故を思い出すとちょっと複雑だったり。

さて。早速アニメ弱虫ペダル1期2話のあらすじからいきたいと思います。

アニメ弱虫ペダル1期2話「部員をふやすため」ネタバレあらすじ


部員をふやすため

今回のストーリーはここ↑で見えるよ!

 

ママチャリ小野田が今泉に勝負を申し込まれる

小野田に自転車対決を申し込んだ今泉。
しかし自分が勝負に勝つことは既にわかっていた。

ママチャリとロードレーサーは重さが全然違う。
約8キロのロードレーサーに対し、ママチャリは約20キロ。
つまりその差は10キロ以上。

水がなみなみと入った2リットルペットボトルを5本くくりつけて走るようなもの。


当然自分が勝つだろうが、一応ママチャリでどうやって裏門坂を走るのか見てみたい!!と今泉は思っていた。

 

小野田は断ろうとしていたが、今泉の押しの強さに押され断り切れずにいた。
結局風で飛んでしまったアニ研再開を呼びかけるチラシを今泉に見られてしまい、「俺に勝ったらアニ研に入ってやる」と言われ有頂天になった小野田は勝負を受けてしまう。

今泉と小野田は4日後に自転車の勝負をすることになったのだった。

 

今泉が廊下を歩いていると自転車競技部のマネージャーになった寒咲幹が声をかけてきた。
今泉と寒咲は幼馴染らしい。
軽く会話を交わし、今泉が去ろうとしたとき、ポケットから何かを落としてしまう。
寒咲の友達 綾が拾うが、それは小野田のアニ研再開チラシだった。

そのせいで今泉は寒咲に小野田との勝負について話すことになってしまう。

 

自転車レースの日がやってきた

4日後、ついに勝負の日がやってきた。
サイクルウェアにロードレーサーの今泉に対し、小野田は体操服×制服のズボンとママチャリ。

今回はハンデとして小野田が出発してから15分後に今泉が出ると説明を受ける小野田だったが、寒咲が引き連れて来ていた大勢の今泉ファンを目にして極度に委縮してしまう。

寒咲は「イケメンのロードレーサーである今泉くんに勝ったら超かっこいいよ!」と小野田を励ます。
さらに寒咲に「アキバまで45キロ、本当に行ったんだね!」と言われ、アキバには小学4年の頃から毎週自転車で通っていると驚きの告白をする小野田。
 

 
今泉にサイコン(サイクルコンピュータ)を付けてもらい、まずは小野田が出発。

 

自転車の女子高生を追い抜くと、「速い」という声が聞こえてきた。
小野田が今泉につけてもらったサイコンに目を落とすと、速度は27キロ。
なんとスクーターと並走していた。

そして裏門坂付近まで到着した小野田。
後は坂をのぼるだけ。

今泉もそろそろ出発している頃か、と時間を見るとまだ10分しか経過していない。
今泉は15分後に出走するとのことだから、まだ出発さえしていない。

小野田は立ち止まり、どうするか考えていた。
思ったより早く着きすぎたから少し待っていた方がいいのか。

暫く考えた末、心を鬼にして坂を上り始める小野田。
アニ研復活のために頑張るのだ。

 

そしてようやく今泉が出発した。
さっきの女子高生やスクーターさえもぐんぐん抜いていく。
スピードは50キロ超えていた。

 

 
小野田は急な坂道で苦戦していた。
平坦な道と違い、漕いでも漕いでもなかなか前にすすまない。

まだ大丈夫だと自分に言い聞かせながらゆっくりのぼっていると、後ろから今泉がやってきて、一瞬で抜いていってしまった。
呆然として地面に足をつけて立ち尽くす小野田。

 

そんな時、兄に運転してもらい2人の後を追っていた寒咲たちが止まっている小野田を発見。
寒咲は車を降り、小野田の自転車のサドルを調節してあげる。
小野田は足が地面につかなくなってしまったが、それは身長に一番あったポジションなんだそう。

さっそく調節してもらった高さで乗ってみるがグラグラしておぼつかない。
が、寒咲に「高さは意識せず思い切りペダルをまわすことに集中して!」と言われその通りやってみるとものすごいスピードが出た。
様子を見ていた寒咲の兄も驚きが隠せない。

 
高さを変えてもらっただけで楽に漕げ、膝も痛くない。
小野田は自転車の奥深さに驚いていた。

そして寒咲が言っていた言葉「レースはまだ終わっていない」という言葉を思い出して今泉がいるであろう道の先を真っすぐに見つめていた。
 
 
(弱虫ペダル1期2話おわり)

 

前回弱虫ペダル1期1話あらすじはこちら↓

 

 

弱虫ペダル1期2話「部員をふやすため」感想


弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

小野田くん、アニ研の部員を増やす目的でしたがレース承諾してしまいましたね。
15分のハンデがあるとはいえ相手は本気モードのロードレーサー。

裏門坂の手前で今泉を待ってあげるか悩んでいた時は「はよ行けーーーー!!」って言いたくなりました 笑
でも、小野田の優しい性格が表れてるよね。
ホント、いい子。

 
坂道では今泉にあっという間に抜かれてしまったけど、幹ちゃんにサドル上げてもらってさあここから!!
小野田がんばれー。
 

 

次回弱虫ペダル3話「ぼくは友達いないから」のあらすじはこちら↓↓

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク