おすすめ漫画・アニメ

【ケッコー ケンコウ家族】一気読みしてしまった漫画!結末ネタバレあり!束木に涙

2020年5月19日

今日一気に全部読んで、なかなか良かった漫画をご紹介したいと思います。

栗原まもるさんの「ケッコー ケンコウ家族」という漫画。
 

主人公のみっちゃんが超健康オタクのファミリー宅に居候させてもらうという話なんですが、健康だけじゃなかった!

結構ストーリーがしっかりしていて面白いんです。
その上、予想外の展開もあったりして、読者を飽きさせません。

素敵なおはなしで、後半は涙涙。
いやーーー。良い漫画でした。

てなわけで、今日は「ケッコーケンコウ家族」について書いちゃうよ。

栗原まもるの「ケッコーケンコウ家族」の簡単なあらすじ


ケッコー ケンコウ家族 1巻

父に先立たれ、1人になってしまった高校生のみっちゃん(蜜子)。
1人暮らしをしようとしていたが、アルバイト先の店長に襲われそうになったことがきっかけで、いとこ一家(父の弟家族)の家でお世話になることになる。

最初はいとこ一家の、超がつくほどの健康オタクぶりにドン引きだったみっちゃんだったが、
胃痙攣で入院した病院である女性瑠華さんに出会い、健康体になろうと思い、実践し始める。

病院で知り合ったもう一人の人、束木成人は超不健康な生活を送っていたが、みっちゃんと親密になるにつれて健康的な生活を送るようになっていった。
 
 

みっちゃんと束木はどうなるの?結末ネタバレ!

心臓に疾患があった束木くん。
ホストの仕事をしていることもあり、お酒やたばこ、夜更かしも日常的でした。

また、束木君の食生活も非常に乱れており、束木君の体が心配で仕方がないみっちゃん。
束木君に水分をたくさんとり、できるだけウォーキングを習慣にしてもらうようにします。
 

ある日、束木君はホストを引退。

その夜、束木君の子供の頃の夢は宇宙飛行士だったことが判明します。
宇宙飛行士になるために必死で勉強していたことがあるため成績が優秀だったのです。
しかし、心臓の疾患が判明してから自暴自棄になってしまったのでした。
 

そんな束木君の一面に触れ、みっちゃんは涙し、さらに二人の距離は縮まります。

 

夏休みになり、みっちゃんはおじさんとおばさんに許可を貰い、束木君と天体観測の一泊旅行に行くことになります。
家族と束木君みんないっしょにブルーベリー摘みを楽しんだ後は2人きりで天体観測。

初めて土星を見たみっちゃんは大はしゃぎ。
その後も天の川を見ながら束木君に色々教えてもらい楽しい時間を過ごします。

 
登校日があったり、束木君が初めて手料理を振る舞ってくれたりして楽しい夏休みは続きます。

 

そして8月31日。
束木君がみっちゃんのいとこの長介を誘い、大勢でピクニックに行くことになります。
(メンバーはみっちゃん、束木君、長介、安寿、愛犬)

当日は、束木君が豪勢なお弁当を作ってきてくれたのでした。

 
束木君の作った美味しい料理をみんなで食べて、皆でたくさん写真を撮ったりして楽しんだ日。

途中、安寿が影踏みを始め、それに加わるみっちゃんと長介。
皆が楽しそうに笑っている様子を穏やかな表情で眺めていた束木君でしたが、突然発作が起こります。

愛犬プチフールがそれに気づき、すぐに皆も束木君の様子に気付きます。

そのまま病院に運ばれた束木君。

 
みっちゃんは良くなることを願い続けましたが、束木君はそのまま帰らぬ人となりました。

 

 

束木君の死を受け入れられないみっちゃん。
学校へも行けなくなりました。

ただベッドの上に1日中座り続ける日々が続いたかと思うと、次はひたすらマフラーを編み続ける毎日。

 
みっちゃんは色々なことを考えていました。
束木君のためにと思ってジャンクフードをやめさせたことがストレスになったのかもしれない、
それ以外にもウォーキングさせたことが体の負担になったのかもしれないと自分を責め続けるみっちゃん。

 

みっちゃんは外出するようになり、家族は少し安心したのですが、実はジャンクフードをドカ喰いしに行っていたのでした。
毎日毎日行き先も告げず外出し、ジャンクフードを食べ続ける日々。

それをやめさせたのは長介でした。

 

ずっと電源切れっぱなしのまま放置していた携帯を充電し、みっちゃんに見せる長介。
そこには瑠華さんから大量のメールが届いていました。

長介に会いに行くように促され、みっちゃんは向かいます。

 

カフェで久しぶりに会った瑠華さんから、以前束木君が準備していたみっちゃんの誕生日プレゼントを渡されます。
9月の誕生日にと束木君が夏にオーダーしておいたものだったが、瑠華さんが紹介したショップのものだったので受け取っておいてくれたんだそうです。

包装の中身は星のネックレスでした。

「みっちゃんと付き合えて本当に良かった。ここ16年で最高の出来事。みっちゃんの17歳はもっと最高になるぜ!(俺予想)誕生日おめでとう。」というメッセージ付き。

 

みっちゃんの知らないところで束木君はみっちゃんのことをとても大事に思ってくれていたことがわかり、みっちゃんは前を向く決心をします。
 

ようやく学校に行くと、束木君の机には大量のプレゼントが。

生前女子生徒に大人気だった束木君は、未だにプレゼントが絶えないんだとか。
それをいつも束木君のお母さんに届けてくれていたのは、束木君とみっちゃんの大ファンだった後輩の女の子でした。

彼女から、束木君のお母さんがみっちゃんに会いたがっているという話を聞き、動揺するみっちゃん。
でも、後輩から「プレゼント、みっちゃん先輩が持って行ってくださいー!」と強引に渡され、久しぶりに束木君のアパートに行くことにします。

 
呼び鈴を押し、みっちゃんだとわかると束木君のお母さんがすっ飛んできました。
束木君のお母さんはずっとみっちゃんにお礼が言いたくて待っていたのでした。
 
みっちゃんに出会って束木君は、長年悩まされてた便秘が解消され、さらには「何でもできるような気になれる」と笑ってたことなどを聞きます。

それでもみっちゃんは自分が感じていた罪悪感を話しますが、彼の心臓はいつどうなっても不思議じゃない状態だったと束木君のお母さん。
そして、みっちゃんがいてくれたおかげで成人はもう一度未来をみることができた、ありがとうとお礼を言われます。

 
束木君のお母さんと話し、色んなことを聞き、ようやくみっちゃんは前を向こうを思えるようになったのでした。

 

家に帰り、ずっと心配しつづけてくれていた長介のお父さんやお母さんに「心配かけてごめんなさい。これからはずっと学校行くから」と宣言。

さらにその後、長介が夏休み中束木君に料理のアドバイスなどしていたことを知ります。
長介と束木くんの会話内容を知り、将来について考えるようになります。

 
 

それから13年の時が経ちました。
 
なんとみっちゃんはヘルシー料理のお店のオーナーとなっており、オープンイベントと、束木君の13回忌を合同でやっていたのでした。

束木君のお母さん、長介ファミリー、そしてみっちゃんの友達や後輩、瑠華さんや束木君の友人関係などみーーんなが集まったこのイベントは大成功。
幸せな時間を過ごしたのでした。

そしてみっちゃんは・・・なんと長介と結婚していました。

 

さらに時が経ちました。
あのときの酒々井ファミリーのように、酵素ドリンクのための草を積んでいたのはみっちゃんと長介のひ孫でした。
長介そっくりの切れ長の目を持つイケメンの少年は、長介直伝の「千手観音」を引き継いでいました。

 
その頃、とある家の縁側では高齢になったみっちゃんと長介があの雨の日のことを思い出していたのでした。

おわり
 
 

ケッコーケンコウ家族を読んだ感想!

あーーーー!!!もうすっごく良かったです、この漫画。

最初は「なんやこの健康オタクたちは・・」と思っていたのですが、最後まで読んでホント良かった。
ドラマがありました。

健康に興味がある人、そしてそうでない人にも是非読んでもらいたい。

主人公や周りの登場人物が魅力的なので健康に興味がなくても楽しめます!!

では最後に、この漫画を読んで個人的に思ったことをいくつか書いていきたいと思います。
 
 

オーリングテストやエネマなど出てくるが健康の押し付けじゃないのが良い

この漫画、健康に関することが山ほど出てくるんですよね。

酵素ジュースとかオーリングテストとかはまだアレですけど、コーヒーエネマとか飲尿習慣とか、素人にはドン引きな内容もあります。

私自身、最初の方で飲尿するイケメン従兄弟やお尻にチューブ通してる叔父を見てびっくりしたのですが、この漫画はそういう健康法を読み手に押し付けてる感じがないんですよねー。
(じゃなきゃ最後まで読めんわい!)

 
表現はわりとあっさり、でもある程度の知識が得られるような内容になっていて、実行する・しないは別にしても勉強になります!
 
 

長介の美人母の言葉がわかりやすい

なぜウン〇やおならが臭いのかをいとこの母が説明してくれるのですが、これがとってもわかりやすい。

腹持ちの良い料理(肉系・油もの系料理)は消化に時間がかかる=「腐った生ごみが長時間37度の体内にある」からおならやウン〇が臭くなるという説明がものすごく納得いきました。

わかりやすい!

 
この消化の問題以外にも、わかってるつもりであまり理解してないことをわかりやすく説明してくれるからいいんだよね~~。

長介のお母さん、綺麗だし優しいし、みっちゃんと束木君のことにも理解を示してくれててすっごくいい人!
大好きな登場人物の1人です。
 
 

瑠華も長介も安寿も束木も!ケッコーケンコウ家族の登場人物がいい人ばかり

この漫画の魅力の一つは登場人物。

主人公のみっちゃんを筆頭にいい人ばっかり!!
それがこの漫画をさらに魅力的にしてくれてますよね。

酒々井家のお父さんもお母さんも、長介も安寿も、犬も、そして束木君もお母さんも、瑠華さんも、素敵な人たちばかりです。

読んでて心地が良かったし、それぞれの立場、考え方などが元気をくれました。
 

最後、長介とみっちゃんのひ孫が出てきたのも良かった。
長介似のイケメンでしたね。

最後の最後に出てきた、お年寄りになったみっちゃんと長介も素敵で、ああ、こんな風に年を重ねたいなーって思いました。
うん、いい漫画だった。

 

漫画ケッコーケンコウ家族まとめ


ケッコーケンコウ家族 コミック 全6巻完結セット (講談社コミックスキス)

読む前はただの暇つぶしだったのですが、読み終わる頃にはすっかり虜になってました。
みっちゃんが良い子すぎて、束木くんのみっちゃんへの思いが一途すぎて、そして周りのみんながあったかくてウルウルしてきます。

さっきレビューとかも見てみたけど評価良いです。

まだ読んでない方は本当にぜひ!!
 

同じ作者の栗原まもるさん作品で、「つぶつぶ生活」もおすすめ!!

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク