おすすめ漫画・アニメ

【漫画 給食の時間】給食が猛烈に食べたくなる上に良い話!くりた陸作品あらすじと感想!

カモ子です。

あなたは小学生の頃、給食の献立で何が一番好きでしたか?

私はダントツで揚げパンが好きでした。
 

今日は、大人でも楽しめる「食育」「給食」に関する漫画をご紹介します。

くりた陸の漫画「給食の時間」あらすじ


給食の時間 1巻

 

簡単に言うと、東京から訳あり転校してきた小学6年生の女子鳥谷未来ちゃんが、食を通じて成長するお話

主人公未来は偏食の転校生

鳥谷未来(みく)は小学6年生女子。
東京で住んでいたが、いじめが原因で祖母に預けられることになり田舎の学校に転校してきた。

可愛くて背が高くモデル体型の未来だったが、それまでの食生活はひどいものだった。

両親は早くに離婚し、母と住んでいたのだが、母は仕事で大忙し。
未来の食生活といえばコンビニで買って来たものが中心。

そんな生活が長かったせいか、未来はひどい偏食で食べられるものの方が少ないのではないかと思うほどだったのだ。
 

 

給食の調理師さんとの出会いで食べ物への意識が変わってくる未来

そんな未来を変えたのが、祖母のところに下宿していた男性、「藤川健」さん。
未来の通う小学校の調理師、いわゆる給食のおじさんだ。(若いけれど)

この学校の給食の”完食率”はなんと95%。
 

これまで東京の学校で食べていた給食は美味しいと思ったことがなかったのに、学校や家で健さんの作る料理に触れているうちに食べ物の美味しさが分かるようになってくる。

 
そしてこの充実した田舎生活の中で、
未来はお米を自分で研げるようになったり、おにぎりを作るようになったり、引っ越してきた当初の彼女からは考えられないほどの成長遂げていく。

 

 

調理師さん「健さん」の過去

いつしか健さんに恋心を抱くようになった未来だったが、健さんには重すぎる過去があった。
 

健さんは以前結婚していて娘にも恵まれたが、当時パリの一つ星ホテルで働いていた健さんは、奥さんが現地で心細い思いをしているとも気付かず必死で働いていた。

慣れない子育て、慣れない海外生活に徐々に疲れていった奥さんはある日突然、家で自殺をしてしまう。
 

帰宅した健さんが見たのは、血だらけになって死んでいる妻と、その傍らで座っている幼い娘の姿だった。

妻は娘も道連れにしたようだったが、娘は奇跡的に死ななかったのだという。
しかし母を亡くしたショックから言葉が話せなくなってしまった。

 

 

健さんの未来は・・?

健さんは忙しさにかまけて奥さんの異変に気付いてあげられなかったことを悔やみ続けていた。
健さんが1人で未来のおあばさんのところで下宿しているのは、裁判で親権が得られず娘は妻の妹と暮らしているからだ。

実の娘1人守れないのに他の子供たちに給食を作っていていいのかという葛藤を抱え始めるようになった健さん。

 
 
ところがその娘が保護者である義妹とアメリカに行くことになったことや、未来がストーカーの男に襲われかけたことなど、色んなことが起こり、未来たちが卒業した後、健さんは給食のおじさんをやめてアフリカに旅立ってしまう。
 
 
生前妻がアフリカの子供たちのことを思って涙を流したことがあったのだ。
健さんの「それならいつかアフリカの子供たちにごはんを届けに行こうか」というその場しのぎの返事に本当にうれしそうな顔をした妻。

それが忘れられなかったのだ。

 

小学6年生とはいえ、健さんのことが好きだった未来。
「好き」だと言うと相手に迷惑がかかってしまうと封印したその気持ちはどうなってしまうのか?
 
 

給食の時間 感想1.爽やかでストーリーが重くない

あらすじを読むと「これでストーリーが重くないって嘘やろ!!」って思われると思うのですが、ホント重くないんです。
なんていうか、すごく考えさせられるけど暗くない、って感じでしょうか。

3巻まであるので色んなエピソードが出て来ます。


楽しいエピソードから割と深刻なエピソードまで様々ですが、この物語の雰囲気のせいか、不思議と暗くならない
んですよね。

難しいテーマを扱っているわりにストーリーがシリアスになりすぎないのはさすが。
 

 

給食の時間 感想2.給食が猛烈に食べたくなる

この漫画の魅力はなんといっても給食。

小学生のころの私の好物といえば、揚げパンにミートスパゲティに、煮込みハンバーグ。
冷凍みかんも好きだった。

そんなことを思い出させてくれるこの漫画。

チキンカレーにロールキャベツにサーモンフライに・・・。
健さんの給食の献立を見てるだけでお腹が減ってきます。

健さんの給食食べてみたいなあ。
食べるのが好きになりそうだし、食に興味を持てるようになると思う。
 
 

給食の時間 感想3.未来の恋の相手は素敵な人

健さんっていい人なんだよね。
結果的に奥さんをあんな形で亡くしてしまってるから義妹からは辛く当たられてるけれど、慣れない海外でどうにかやっていこうと、妻子のために必死で働いていた健さん。

奥さんも必死で頑張ってたんだろうけど、健さんも必死だったんだよね。

健さんを一方的に責める気持ちになれないなあ。

未来ちゃんはそんな健さんに恋し、さらに娘のまりあちゃんにも優しく接してあげてました。
(いい子だよね)

健さんが黙って去ってしまった時はとても可愛そうでしたが、あの時健さんは奥さんとの約束を果たしに行ったんだよね。
こんなこと、なかなかできることじゃない。

未来ちゃんの好きな人は本当に素晴らしい人。
 
 

ぜひ読んでほしい「給食の時間」


給食の時間 1巻

このお話、最終話もとても素敵です。
この部分のネタバレはやめておきます。

とにかく素敵なのでぜひ読んでみてください。
最後まで読んで良かった!と思える素晴らしい作品。

食だけじゃなく、いじめや給食費滞納問題、ダイエット、恋愛など、内容盛りだくさんなのでぜひぜひ。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク