おすすめ漫画・アニメ

【女神降臨107話】五十嵐君と喧嘩中の麗奈に危機が訪れる?!ネタバレ有りの感想

2020年8月21日

カモ子です。
女神降臨好きですけど、107話に関しては書きたくない・・・。
だってキモイ人出てくるんだもん。

でもこれまでせっかく書いてきたのに今やめるわけにはいかないので、頑張って書いていきます。
ああ、彼氏の手作りハンバーグ食べすぎてめちゃ眠い。
 

女神降臨107話少々ネタバレありの感想


女神降臨 2 (LINEコミックス)

↑コミック2巻は神田俊が表紙!
 

キモイ先輩が登場!初っ端から麗奈に馴れ馴れしい

韓国語バージョンのを先読みしてた頃からすっごく苦手だった麗奈の学校の先輩。
なるほど、こういう感じで近づいてきたわけですね。

しかし隣に座って来た挙句頬杖つきながら名前聞いて来るとかホントきもい。
この人は一体なんなんだ?!

でもね、麗奈ももうちょっとしっかりしてほしいです。
ちょっと押しに弱い感じなのかな?

お酌してる場合じゃないよー!!

 
 

料理しながら後悔する神田俊

そうでした。
神田くんって料理が上手な設定だったよね。
すっかり忘れてた。

今回神田君は自宅で炒め物(チャーハンっぽい?)を作りながら考え事をしていました。
先日の、五十嵐とのいさかいの件です。

五十嵐君を怒らせてしまったあの発言を思い出し「言うんじゃなかった」と後悔する神田君。

 

関係ないですけど、料理できる男性っていいですよね。
神田君、手際良さそう。
 

でも、悩みながらの料理はおすすめできないです。

私、以前大きな悩みを抱えていた時に、考え込みながら料理してたらフライパンの油の中で高温になったニンジンが跳ねて私の足の上に乗ってしまったことがありました。
勿論「ぎゃー」と叫びながら、料理中ボンヤリしていたことを悔やんだ私でした。

 

 

同じころ神田君同様五十嵐君も考え込んでいた

心を込めて麗奈に書いた手紙をどうやって渡そうか考えていた五十嵐君。

そして、神田君への謝罪についても考えていました。

彼女と喧嘩して、さらには神田君とも険悪な雰囲気になってしまい(険悪どころじゃないかw)八方塞がりですよね。
 

でもこうやってこじれた関係をどうにかしようとしている五十嵐君って本当にいい子だなあ。
「どげんかせんといかん」と思いつつ自分では何もせず、相手の出方だけ待ってる人も多くいるというのにね。

 
頑張れ五十嵐君。

 
 

キモ先輩に毅然とした態度を取れない麗奈ちゃん

麗奈ちゃん~~~、なんで嫌がりながらもキモ先輩に付け入る隙を与えてしまうの~~~~泣

相手が先輩とはいえ、メールの返事してしまうし、キモ先輩の小細工により授業で隣同士になった時もあいまいな態度を取り続けてるし。
 

はっきり拒絶できないところも麗奈ちゃんらしいですけど、見てるこっちがストレス溜まるわ!!
自分で番号を教えてしまったなら自業自得だけど、勝手に調べられてるわけなんだからもうちょっと強く出た方がいいと思うんだけど。
 

そもそも、知らない人からのメッセージに返信するなーーーー!!!
 
それから・・・こんなキモイ人が隣にいるのにSNSチェックするなーーーー!!!!

そして
画面をそのままにして席を立つなーーーーー。

 

過呼吸になりそうや!!

 
麗奈ちゃん基本的にいい子ですけど、今日は不用心すぎてハラハラさせられっぱなし。
五十嵐君が心配するのも分かる気がする。

結局キモ先輩が麗奈ちゃんのSNSに気付いてしまいました。
悪人面でPCいじり始めてしまったよー。

ヤバいよヤバいよ!!
 
 

前回女神降臨106話の感想はこちら↓↓

 

 

女神降臨107話まとめ


女神降臨 1 (LINEコミックス)

今回はキモ先輩の登場シーンが多すぎだよっ!!
そして神田君と五十嵐君のシーンが極端に少ないという・・・。

早く五十嵐君の登場シーン増やしておくれ。
 

それより、麗奈の流されやすさが心配になりました。

私、韓国のことは詳しくないけれど、もっと自己主張ははっきりするイメージだったんだけど。
(二人だけ韓国人の友達いるけれど、彼女たちも嫌なことははっきり嫌だと主張するタイプ)
でもまあ人によるよね。

世の中には超ポジティブ思考な人がいて、そういう人の中では「拒絶されない=受け入れられている」と思い込んでいるので麗奈ちゃんには気を付けてもらいたいもんです。

 
てなわけで107話は終了~。
キモ先輩の登場はもう少し続きますが我慢して楽しみましょ。

 
次回女神降臨108話のネタバレ感想はこちら↓↓

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク