映画

【クリスマスクロニクル】子供と一緒にみたい映画!サンタの奥さんも出てくるよ

こんにちは。カモ子です。

今日はクリスマスクロニクルという映画を見ました。
2018年公開のアメリカ映画なんですが、すごく良かったぁ!!!

Netflix契約してる人にはぜひ見てほしい映画。
特に子供がいる人はお子さんと一緒に観てほしい!!

私?私は彼氏と見たよw

映画クリスマスクロニクルのあらすじ

マサチューセッツ、ローウェル。

ピアース家のクリスマスは、毎年全員でアグリークリスマスセーターを着て過ごすのが定番。
お父さんのダグが家じゅうの飾り付けを担当し、ツリーやオーナメントで華やかになった部屋でわいわい楽しく過ごします。
 

ところがお父さんが殉職してしまってからは、クリスマスだけでなく家族関係自体にまで異変が。
 

お母さんは子供たちを養うために夜勤三昧だし、兄のテディは悪友と車強盗をするまでに荒れ果ててしまっていました。
妹のケイト(10歳)は甘えん坊だけど、好奇心旺盛なしっかりものに成長、いつかまた家族で楽しくクリスマスを過ごせる日がくることを夢見ていました。

サンタさんへのビデオレターを撮影し、「いい子にしているのでスケートボードが欲しいです」とお願いします。
 

 
2018年のクリスマスイブ。

ケイトは母とイブのクッキーの準備をしていたのですが、看護師の仕事をしている母が突然職場から呼び出されてしまいます。
その上兄のテディは友達と会うために外出しようとしていました。
しかし母の言いつけでテディは妹ケイトの面倒を見るために家に残ることに。

ケイトはテディと一緒に映画を見ようとしたのですが、テディは冷たく突き放し、部屋に戻ってしまいます。

1人になったケイトはいつものように、昔のホームビデオを見ていると、突然暖炉の中から出てきた腕が一瞬だけ映ります。
そのシーンを何度も巻き戻して見るケイト。
そしてそれがサンタクロースだと確信します。

兄を呼び、ビデオを見せ、「サンタのビデオを撮ろう!!」と大はしゃぎするケイト。
乗り気ではないテディに、「手伝ってくれたらお兄ちゃんの悪事を撮影した動画を返すから」と約束を取り付け、カメラを設置するなど準備を始めます。
ビデオを設定し、母から禁止されていたジャンクフードを食べ、兄のテディと一緒にすごすクリスマスが嬉しくて仕方がない様子のケイト。

サンタを見張るために待機していた2人でしたが、いつしか眠りに落ちていました。
しかし仕掛けの音に気付き、目を覚ましたケイト。
なんとリビングにサンタがいたのです。

慌てて兄を起こし、サンタを追いかけて、ビデオカメラを持って外に出ていく二人。
ふと上を見上げると、そこにはトナカイとソリが浮いていました。
サンタはプレゼント配りで家々を回っている最中。

そのすきにソリに乗り込んでしまったケイトを追って、テディもソリの中へ。
戻って来たサンタは、2人に気づかず出発してしまいます。
猛スピードで移動するソリの中、ケイトは寒さで震え上がっています。

思わずサンタに声をかけると、サンタは驚いてしまいトナカイも暴走、コントロール不可能になってしまいます。
そのドタバタでソリから落ちてしまったケイトを助けに急降下したソリ。
一行がシカゴの町に墜落した時にはトナカイともはぐれ、ソリは破損、そしてプレゼントはどこかに落としてきてしまっていたのでした。
 

サンタは「クリスマスの夜にプレゼントを配れなかったら世界は暗黒に包まれることになる」と二人に話します。
すぐにトナカイを招集し、プレゼント袋を探そうとしたサンタでしたが、帽子をなくしてしまったがために魔法を使えないと言います。
テディとケイトはサンタを手伝うことにしました。

タイミングよく見つけたのが”Nick’s Place”というアイリッシュパブ。
店内に入って、客に協力を求めるも、誰も信用してくれません。
結局何の収穫もなく店を後にした3人。

店の前で車の鍵を盗んだテディ。
その車はパブの店主が盗んだ後に使っていた車でした。
店主に追いかけられ、慌てて車に乗り込んだ3人。

 

警察の無線を傍受し、トナカイの場所を把握したサンタ。
しかしながら、警察も同時に到着していたのです。
サンタは、ケイトにトナカイを見つけるようお願いをし、サンタはテディと共に警察を撒こうとします。
ところがうまくいかず。

サンタは連行されてしまいます。

サンタの袋を見つけるという役割を担うことになったテディとケイト。
クリスマスを救うことはできるのでしょうか?
 
 

クリスマスクロニクルで流れた曲

作中で流れた曲をご紹介するよ!
いい曲ばっかりだったし、エンディングも楽しい気持ちで終われて最高でしたー。
 

 

Please Come Home For Christmas / Eagles

兄妹喧嘩が母に見つかり怒られた後のシーン。
クリスマスの飾り付けを命じられたテディでしたが、電飾を手にし、じっと見つめた後に何もせずその場を去ります。

その直後に流れた曲がこちら、Please Come Home For Christmas。
いい曲ですよね。

 

 
曲の購入はここ↓(Amazon)からどうぞ!!

Please Come Home for Christmas (2013 Remaster)

 

 

 

Here Comes Santa Claus/Elvis Presley

自分たちのせいでソリを墜落させてしまった責任を感じ、サンタクロースを手伝うことにしたテディとケイト。
3人で歩き出した時にかかった曲がエルビスプレスリーの”Here Comes Santa Claus”でした。

声がいいわぁ~~。私、エルビスの声がとても好きでね。
特に”Always on my mind”を歌ってる時のエルビス最高ーー!

 

 
曲の購入はここ↓(Amazon)からどうぞ!!

Here Comes Santa Clause (Right Down Santa Claus Lane)

 

 

 

It’s Christmas Time pretty baby(エンディング曲)/ Elvis Presley

サンタが牢屋の中で歌っていた曲です。エンディングでもこれがかかりました。
こちらもまたエルビスプレスリー。

Amazonで探したんですが、知らない人バージョンしかありませんでしたーあはは。

 

曲の購入はここ↓(Amazon)からどうぞ!!

It’s Christmas Time Pretty Baby

 
 

やんちゃ盛りのテディの変化に感動!

難しい年齢のテディですが、やんちゃの度が過ぎてますね。
車を盗む子供なんてにわかに信じられないけれどやっぱりあっちの映画は違うなあ・・・と思っていました。

なかなか更生するきっかけがなくズルズル悪い方にむかっていたテディでしたが、サンタの助けを借りて成長します。
あんなに粋がっていても、本当はお父さんが恋しかったし、道を踏み外したくもなかったんですよね。

ワルをやっていても、本当は本人の中で葛藤があったと思います。

妹の前ではクリスマスを馬鹿にしていたテディでしたが、本当はサンタに手紙を書いていたりして、根っからのワルじゃなかったことがうかがえました。

サンタが帰った朝に妹のケイトとハグしてたのは良かった~~。可愛かった!

よく見るとイケメンくんだね、この子。
いい男になれよ~~。
 
 

子供が出てくる映画はいいね

お父さんが生きていた時に家族全員で過ごしていた幸せなクリスマスが忘れられないケイト。

幸せだったころのビデオを見てたりして、見てるこっちが泣けてきます。
しかもケイト、ちょっと好奇心旺盛すぎるけど可愛いんだなあ。
 

また上でも書いたように、ケイトだけじゃなくテディも突然お父さんがいなくなってしまった事実を消化できず、くすぶっていました。
いや、もしかしたらケイトよりも現実を受け入れられてなかったかも。
ケイトより年上な分、お父さんとの思い出も多いだろうしね。

突然大黒柱をなくして戸惑っただろうなあ、辛かったんだなあと思うと頭をよしよしヾ(・ω・`)してあげたくなりました。

 

2人の健気な姿を見てると、どす黒く汚れていた心がさっぱり洗われたような感覚がありました。

普段は子供が出てくるドラマや映画は見ないけれど、クリスマスは特別。
幸せで純粋な気持ちになれるのでお子様たちが出てくる作品を選んで見たりしています。

子供と一緒に観るとなおいいかもね。
私は子供いないけどな!
 
 

最後にサンタの奥さんが出てきたのが良かった!

映画のラストシーン。

一仕事終えてまったりしていサンタ。
そこに現れたのがサンタの妻です。

最初は「え。どういう関係なの」と思っていたのですが、I love you とか言ってキスしてたので確信。
夫婦なんですね。

すごくあたたかい雰囲気の部屋で、「映画を見ない?」とうきうきしていたサンタ婦人の様子がかわいかったです。
 
 

クリスマスクロニクル!映画まとめ


・曲が良かった


・ケイトが死ぬほど可愛かった


・テディベアも可愛かった


・サンタの奥さんかっこいい


・良い映画!

 
思ってたよりだいぶよかったです。
また来年も見たくなりそう。

Netflixある人はぜひ見てみてくださいにゃ。
心がほっこりするよー。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

映画, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク