色んなこと

【ベターコールソウルのナチョ役】スパイダーマンにも出演マイケル・マンドのプロフ

2020年4月20日

こんにちは。
カモ子です。

ベターコールソウルももうすぐ終わり。
(シーズン6で終わりですがもう既に5!!)
寂しいですね。

今日は何気に私が気に入っている(?)ナチョ役俳優さんについて書いてみたいと思います。
悪党の中では好きな方です。

目がキリっとしていて、父親思いで、応援したくなる!!

ベターコールソウル ナチョ役マイケルマンドのプロフィール


The Wild One

 

名前:マイケル・マンド(Michael Mando)
生年月日:1981年7月13日生まれ
出身:カナダ ケベック
職業:俳優、作家、監督
活動:2000年~
 

カナダ、ケベックシティで生まれたマイケル・マンドは3人兄弟の真ん中である。
一家はこれまで多数の引っ越しをしており、マイケル・マンド自身20代の半ばまでに4カ国、10都市に居住した経験がある。
(これまでに住んだ家は35か所)

 
母国語はフランス語であるが、英語とスペイン語も流暢に話す。
大学は2か所に在籍していた。
 
 
元々はアスリートか作家になりたいと思っていたが、膝の故障に悩まされ、方向転換を決意。
思案の結果、俳優の道に入る。
 
 

マイケル・マンドは映画「スパイダーマン」にも出演していた


スパイダーマン:ホームカミング (字幕版)

2017年公開の映画「スパイダーマン ホームカミング」に犯罪者マック・ガーガン役でマイケル・マンドが登場しているそうです。
私は見てないのですが、そこでも犯罪者役とは、悪役が続いてるなあ。

他の出演作品など全然見えてないのですが、どんな役で出てるのか、ちょっと興味湧いてきたわ。
もし、めっちゃいい人役とかで出てたらまた紹介しますね。
 
 

2020年4月に曲もリリースしているマイケル・マンド


The Wild One


さっきも載せましたが、マイケル・マンドは歌も歌うみたいで。
多才なのね。

この曲は2020年4月15日に出したそうです。
聴いてみるとベターコールソウルのナチョっぽくない声だったんでびっくりしました。

歌うとこんな声なんですね。
興味のある方は画像クリックでAmazonに飛ぶのでそこから試聴をどうぞ。
 
 

ベターコールソウル ナチョの実際の声はとってもソフト!

ベターコールソウル、あなたは吹き替えで見てますか?それとも字幕?
私は吹き替えで見てることが多いのですが、ナチョ役の日本人声優さんの声がいかにも犯罪者って感じなんですよ。

それでずっと「ナチョ、ホント怖い奴だな~」って思っていたのに、字幕に切り替えてみた時声質が全然違うかったので驚きましたw
ものすごくソフトな声で「パパ!」とか言ってるんですよ 笑

声が柔らかい!そして優しい!!

普段吹き替えで見てる人はぜひ、字幕版もチェックしてみてください。
声が優しくてびっくりします。(おすすめは父親とのシーン。「パパ」の声がとってもソフト!)
 
 

ベターコールソウル、マイク役のジョナサン・バンクスのプロフィールまとめはこちら↓↓

 

 
 

ベターコールソウルやスパイダーマンに出演のマイケルマンドまとめ

今回はベターコールソウルにナチョ・バルガ役で出演中のマイケルマンドについて書いてみました。
役柄から勝手にメキシカンだと思っていたのでカナダ出身と知ってびっくりしました。

ベターコールソウルではヤバイ人たちの板挟みになってなんだか可哀想な役柄を演じてますが、どうかナチョが無事なままでシリーズ終えますように。

(現時点では、まだラロに振り回されてます)

頑張れナチョ。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

色んなこと, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク