ドラマ 映画

エルカミーノは面白い?【感想】トッドの太りっぷりとジェシーの成長っぷりに感動した!

2019年11月4日

ブレイキングバッドファンのみなさん!
もうエルカミーノは見ましたか?

レビューを見ていると「すっごく良かった!」派と、「ちっとも面白くなかった」派に分かれていますね。

私自身はどちらかというと「すっごく良かった」派です。
ちょっと物足りなさも感じましたが・・・おおむね良かったと思います。

何が良かったか、何がイマイチだったか、エルカミーノを観て思ったことを色々書いていきたいと思います!

エルカミーノ!ざっくりとしたあらすじ

エルカミーノとは・・・
ブレイキングバッドの最後で白人至上主義のジャックたちが死に、ジェシーは晴れて自由の身に!
ジェシーのその後を描いた映画。

ここからはネタバレや!

車の中で興奮気味に絶叫していたジェシーはスキニー・ピートの家に身を寄せる。
が、ひょんなことからジェシーが事件現場から乗ってきた車エルカミーノの存在が警察に知られてしまう。
スキニー・ピートにこれ以上迷惑がかからないように慌てて家を出ようとするジェシーだったがスキニーとバッジャーの助けでうまく逃走することに成功。

ジェシーは以前ソウルに教えてもらった「人消し屋」を訪ねるが手持ちの金がわずかに足りなかったことで断られてしまう。
何が何でも金を手に入れなければならなくなったジェシー。

キャンディ溶接工の男を訪ねる。
この男は、ジャックの依頼でジェシーを繋ぐためのレールを設置した業者のオーナーであった。
必要な額を話し助けてもらえるよう頼んだジェシーだったが、キャンディの提案で一騎打ちの勝負をすることに。
キャンディの社員たち(ワル)が見守る中、勝利したのはジェシーだった。

お金を手にしたジェシーは人消し屋の助けを借り、過去をすべて捨て去り、別の場所で別の人生を歩み始める。
 

できるだけ端折ってひどいネタバレをしないように気を付けたお。
エライエライ。

エルカミーノを観た全員の気持ちを代弁!トッド、あんたは太り過ぎだ!

リディア(熟女)が好きだったメルヘンサイコパス野郎、トッド。

このエルカミーノでは回想シーンでちょこちょこトッドが出てくるのですが、太り過ぎであまりに容姿が別人になっているためストーリーに集中できなくなるんですよ!
大げさでもなんでもなく、本気で。
 

レビューを見ていると、トッドが太り過ぎていたせいで時系列がめちゃくちゃになっている人が何人かいました。
(確かに過去の回想シーンのはずなのにあれだけ太ってしまっていると混乱するよな・・・)

時系列どころか、最後まで「誰だこれ?」と思いながら見てしまった人もいるようで。

ブレイキングバッドのファンを大いに悩ませたあんたは罪作りなやつだよ、トッド。
 

 
“Sharing The Night Together”をノリノリで歌ってたけど、そんな場合じゃないんだってば。

↓この曲ね。

こう言っちゃなんだけど、あの体型のまま出ようと思ったのが結構すごい・・・

 

 
トッド役俳優プロフィールはこちら↓

 

 

ジェシーがアラスカに行きたかった理由とは

映画の最初にその答えが出てきます。

ウォルターから離れようとジェシーが考えていた時、マイクに相談します。
「もし人生やり直すならどこに行く?」と。
その時の
マイクの答えが「アラスカ」
でした。
 

そういえば、ブレイキングバッドの中でもジェシーはアラスカにこだわっていましたよね。
確か、人消し屋を雇うという話になった時に「俺はアラスカに行く」とかなんとか言っていた記憶があります。

あの時からなんでアラスカなのかなと思っていましたが、マイクの言葉がきっかけだったんですね。

ジェシーはマイクを尊敬していましたから、マイクの言った言葉を素直に受け止めて自分もその通り行動しようと思ったんでしょう。
 
 

ブレイキングバッドファンならジーンとくる!ジェシーの成長

“Yo!!ビッ〇!!”ってよく言ってましたよね、ジェシー。
素行不良の生意気な青二才だったジェシーでしたが、エルカミーノではずいぶんたくましくなった姿を見せてくれました。

泥棒(キャンディ)とのやり取りもしっかりしていましたし、一騎打ちをしたときも非常に冷静で悪党ハイゼンベルクが乗り移ったかと思ったほどでした。
 
まさかあんな冷静に決闘を受けるとはね。
 

数々の苦難を乗り越え、たくましく成長したジェシーの姿は非常に頼もしく見えた一方で、また寂しさもありました。

青二才丸出しの顔で “Yo! Bi〇〇h!!”って言ってほしい・・・(´;ω;`)

あ、でも人消し屋エドに通報した時の警察とのやりとりについて得意げにツッコミ入れている彼はジェシーそのものでしたね。
あのお調子者の面も徐々に戻ってきますように。
 
 

映画終盤で出てきたジェシーの元カノ、ジェーン

皆さん、ジェシーの元カノのジェーンって覚えているでしょうか?

あのまつ毛が長くて黒髪のエキゾチックな美人さんです。(最後ゲロ死しましたが・・・)
子持ちじゃない方ね。

彼女が作品終盤で出てきます。

アラスカに着いてこれから新たな人生を歩もうとしているジェシーの背中を押すように「人生は自分で作るもの」と言います。

いやーーーまさかあの場面で出てくるとは思わなかったからびっくりしたぁ。
最高のタイミングで出てきて、最高の言葉を残しましたね。すごく良かったです。

ブレイキングバッドを見てた時は、小生意気であまり好きじゃなかったんですが。ボソボソ…

 
ジェーン役女優のプロフィール記事はこちら↓

 

 
 

エルカミーノでイマイチだと思った部分

エルカミーノは全体的に良かったです。
ブレイキングバッドファンとしてはとてもうれしい作品でした。

でも、「・・・」と思った部分もあるにはあるので箇条書きにしていきます。

・某キャストが変わりすぎて話に集中できなかった(誰って?トッドだよ!!)

・最後スキニーピートやバッジャーとも再会してほしかった

・ちょっと展開が早すぎた気が。ジェシーのその後もドラマ形式でじっくり見たかった

 
まあこれぐらいでしょうか。
それ以外は良かったと思います。
 
 

ブレイキングバッドグッズが欲しいあなたにおすすめの記事はここからどうぞ(´・ω・`)
 

 

 

ブレイキングバッドファンは楽しめるがドラマを見てない人には面白くない

エルカミーノはブレイキングバッドファンであれば「ああ!あれがここに繋がるのか」と懐かしく思い出せるシーンがいくつかあり、とても楽しめると思います。

ただ、ブレイキングバッドがあまり好きでなかった人や、ブレイキングバッドを見たことがない人にはおすすめできません。
多分意味不明で全く面白くないと思います。

誰かが「これはブレイキングバッドのファンのための作品だ」と言ってましたが、まさにその通り。

 
そんなに言うならブレイキングバッドも見てみるよ!と思っているあなた。


化学教師 ウォルター・ホワイト

最初の数話見てみてイマイチだったら諦めた方がいいです。
(私は5話目ぐらいからのめり込みました。最初はあまり面白くなかったですw)

でもブレイキングバッドが好きだった方でまだエルカミーノを観てない方がいたらぜひ見てほしいです。
決して明るくハッピーなストーリーではありませんでしたが、希望を持てるというか、自分もがんばらなきゃと思わせてくれる作品。

私は見て良かったです。

 


ジェシー・ピンクマン役の俳優アーロンポールのプロフィール記事はこちら↓

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

ドラマ, 映画, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク