おすすめ漫画・アニメ

女神たちの二重奏 最終回!兄と麗花・茜と源次郎はどうなった?完結したので少々ネタバレ感想

2021年6月17日

つ・・・ついに読み終えました!
「女神たちの二重奏」。

めちゃ面白かったし、終わり方にも大満足。
というわけで興奮冷めやらぬ間に感想書いちゃうよ。ネタバレありなのでご注意を。

前回の感想はこちら↓

 

 

女神たちの二重奏 最終回!ネタバレありの感想

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
女神たちの二重奏 10巻

漫画はコミックシーモアおすすめ!
 
 

麗花の偽元カレ小田島猛のお騒がせっぷりに疲れる

美美と源次郎の仲を勘違いして茜が寝込んでしまったり、小田島猛とともに屋敷を去った麗花のことを誤解して源次郎が体調を崩したり、源一郎と源次郎が喧嘩したりと色々大変な状況になってますが、その中でウザさが光っていたのがカナダ時代の麗花の知り合い小田島さん。

とにかく勘違いが激しい男で、麗花に迫りまくる・・・!
麗花もああいう子なので「近寄るなー!!コラッ!!」とか言えないんだよねー。この瞬間は茜とすり替わってほしかったわ。

 

麗花のがんばりでようやく好きな人がいるということが小田島に伝わったわけですが、やはり一筋縄ではいかず。
小田島はホテルの部屋を去るふりをして、ロビーで隠れて麗花の元を訪れる男の存在を待っているという強烈なウザさを発揮します。

 
結局のところその場に現れた茜が説明したことによって小田島もようやく麗花にその気がないことを知りますが、いやーーーそれにしてもウザかった。
最後はそんなに嫌なヤツではなかったけれど、トータルで見ると邪魔者でしかなかったわあ。

まあ、楽しませてもらいましたが。
カナダで頑張ってくれたまえ。
 
 

茜と源次郎が結婚?!源一郎は?

色々色々ありましたが、麗花のがんばりにより、源一郎が麗花との離婚を承諾しました。
その後東城家の兄弟喧嘩や茜の誤解などもありましたが、後に全てを知った源次郎が木田兄妹の住むアパート、リバーサンドハイツへ茜を迎えに行きます。

そしてプロポ―――――ズ!!

もちろん茜は快諾。
良かったねえ。
 
 
でも、源次郎って最初の方はかなりヤバイ覗き魔だと思ったんですが、大丈夫なのか?
(あの人、麗花の写真を隠し撮りしてただけじゃなく、ビデオカメラまで張り切って準備してたよね 汗)

茜に出会って真人間になったならいいんですけど。 
ちょっとヘン〇イだけど性格は超面白い人なので、茜のために良い夫になっておくれよ。
 
 

麗花と茜兄がついに!!!

そしてそして・・・・麗花と茜兄がついに恋人同士に!!

麗花と茜兄の仲がずーーーーーーーーーーーーーっと気になっていた私としては最高のハッピーエンドでした。
 

 
ギリギリのところまで、麗花と茜の入れ替わりに気付いていることを伏せておき、最後の最後で「ずっと前からわかっていた」って!!
すごいな、兄ちゃん!
そして愛の告白からのチューですよ。

しかもまさかの名前呼び。「麗花」ってね。

 
いやーーーハグはしそうだなあと思ってましたが、まさかチューまでするとはね。
茜兄って他のメンズたち(源次郎や小田島たち)と違って恋愛脳っぽくないからキスシーンまで披露してくれるとは思ってなかったよ。

ちょっと奥手っぽいイメージだしね。とはいえ、兄ちゃんも離婚歴のある人なわけですが。
(元奥さんも結構な美人さんだったよね。)
 
 

話変わるけれど、これまで兄は麗花に対し、あくまでも妹として接していたので名前で呼ぶ以外は「お前」だったけど、今回は「麗花」と向き合っていたので「きみ」呼びだったんだよね~~。

その辺も良かった。ちょっと細かいですね。小うるさい小姑みたいだと思われる前に次の話題~!
 

 

結局チョイ役に過ぎなかった土佐松と熊さん

茜兄推しの私的には最高のフィナーレとなった女神たちの二重奏。

しかしあれだね、土佐松が知ったらショックだろなあ 笑
まさか木田君(茜兄)と茜ちゃん(本当は麗花)がくっついちゃうんだもんなー。

それに、土佐松の本当の苗字は「松尾」のはずなのに、兄も完全に「土佐松」って呼ぶようになってて笑ったw
(なにせ家に訪ねて来た土佐松を見て「おう、土佐松」だもんね 笑)
まあ、私も「松尾さん」ではなく「土佐松」の方がしっくりくるけどね。
 
 

それから熊さんね。
熊さん、結局あれから一度も出てこなかったよーー。

まあ、今出て来られても特に用事はないんですけど、でも無一文丸腰だった麗花をサポートしてくれた人として、最後ちょっとでもいいから会いたかったなあ。
 

そういえば熊さんの同業のおっ〇い企画の人も、茜に恋してた同窓生もあれっきりでしたね。

もっとストーリーに絡んでくるかと思ったんですけど、大体東城家の人たちのキャラが濃すぎたので、人が増えすぎてもややこしいですね。
あんな感じで丁度よかったのかもしれません。
 
 

麗花の元夫源一郎が最後は良い感じだったので一安心

一時期は麗花の服を全て捨てたり、麗花が部屋から出られないようにしたりと、危険なオッサン度100%でしたが、最後は割と潔くて良かったです。

生まれ育った環境があんなんじゃなければ、普通のいい人だったんだろうにね。

でも、美美ちゃんがいてくれたら安心だわー。
美美ちゃんって良い子だし、ちょっと歪んだ源一郎さんのこともうまく扱えそうな気がするので、彼女におまかせしときましょー。

 
 

まとめ!女神たちの二重奏最終回ネタバレ感想

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
女神たちの二重奏 10巻
漫画はシーモアがおすすめ!!↑
 
 
はぁ~~~~~~。
めちゃ良かったです、女神たちの二重奏。

茜のはっきりした性格も好きでしたが、麗花のおっとりフワフワした可愛い性格に癒されました。
また、それ以外の登場人物もキャラが立っていて面白かったです。

毎日読むのを楽しみにしていたので、終わってしまってとてもとても寂しい。

 

・・・と思っていたら、なんと続編が出てたんですね。
これからボチボチ読んでいこうと思います。

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
女神たちの二重奏─第Ⅱ楽章─(1)

↑第二楽章はシーモアで読めるよ!

第二楽章1巻感想はこちら↓

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:


たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク