おすすめ漫画・アニメ

【鬼滅の刃】アニメ18話「偽物の絆」ネタバレあらすじと感想!蜘蛛家族の暴走がヤバい回

2020年1月31日

風が強いもののポカポカ陽気が気持ちいい~!
今日もまったり鬼滅の刃。

(^▽^)/

アニメ鬼滅の刃18話「偽物の絆」ネタバレ有りのあらすじ!


鬼滅の刃 8(完全生産限定版) [Blu-ray]

今回のストーリーはこちらから↑Blu-ray,DVD発売は2020年2月26日から!(18話、19話)

 

とんでもない強さの蜘蛛鬼ファミリー!

お待ちかね?!鬼滅隊”柱”の2人が到着。

遺体の転がった場所で生存者がいないことを確認します。
2人は二手に分かれて捜索することにします。
 

その頃、炭治郎は父蜘蛛鬼の腕を斬ろうとしていましたが硬すぎてまったく歯が立ちません。
父蜘蛛鬼が炭治郎を殴ろうとした瞬間、伊之助が応戦しますがやはり硬すぎて切れず。

父蜘蛛鬼は「俺の家族に近づくなーーー!」ばかり言って攻撃の手をゆるめません。

更なる攻撃を試みた伊之助を川に吹っ飛ばします。
出血でフラフラしている伊之助でしたが父蜘蛛鬼は構わず追いかけてきます。

炭治郎は横水車という技で木を切り倒し父蜘蛛鬼を下敷きにします。

突然真後ろに木が倒れて来て驚いた伊之助でしたが、後に炭治郎がやったんだと気付きます。

 

炭治郎はこれなら硬い首も斬れるに違いないと確信し、「水の呼吸 最後にして最高の型 全集中!水の呼吸拾ノ型!」ととんでもないパワーを放ちながら、木の下から這い上がって来た父蜘蛛鬼を攻撃。

・・・が、はるか彼方に吹き飛ばされてしまったのでした。

「健太郎ーーー!!!!」と間違った名前で炭治郎を呼ぶ伊之助に、
炭治郎は「伊之助!俺が戻るまで死ぬな!そいつは十二鬼月だ!死ぬな!死ぬな!絶対に死ぬなー!」と叫びながら見えなくなりました。

 
そのタイミングで父蜘蛛鬼が伊之助の前に立ち、殴りかかってきたのでした。

 

一方。
善逸は手足の感覚がなくなり、呼吸もうまくできなくなっていました。
一生懸命頑張ろうとするものの、体が言うことを聞きません。徐々に手足が縮み、蜘蛛になりかかっていたのでした。

視界も狭くなり、ついに真っ暗になったと思った時、師匠の「あきらめるな!」という声が聞こえてきました。

やっとの思いで目を開けると蝶が舞いおりてきました。
女性(しのぶさん)がやってきたのです。「もしもーし!大丈夫ですか?」と善逸に向かってほほ笑むしのぶさんでした。

 

父蜘蛛鬼に吹き飛ばされた炭治郎はやっとのことで着地していました。
が、近くで「お願いだからやめて・・」と女性の声が聞こえるので行ってみると、それは鬼の姉弟でした。


蜘蛛鬼ファミリーの姉と弟で、弟が姉を傷めつけていた
のでした。
 

弟蜘蛛鬼は炭治郎に気付いていて「見世物じゃないんだけど・・」とにらみます。

炭治郎は「何してるんだ?君たちは仲間同士じゃないのか?」と聞きますが、
「そんな薄っぺらなものと同じにするな。僕達は家族だ。強い絆で結ばれているんだ」と言い返してくる弟蜘蛛鬼。

炭治郎は血のつながりがあってもなくても強い絆で結ばれていれば両方尊いものだと説明した上で、
「お前達からは恐怖と憎しみと嫌悪の匂いしかしない。こんなものは絆とは言わない!まがいもの・・・偽物だ!」と強い口調で言います。

 

その時、鬼滅隊の先輩と思われる男性がやってきました。
出世のためにそこそこの鬼一匹だけ退治して下山すると得意げに話し、かかっていこうとしますが、なんとほんの一瞬で鬼にやられてしまいます。

先輩を秒でやっつけたこの弟蜘蛛鬼は、炭治郎の方へ向き直り「ねぇ。何て言ったの?お前今何て言ったの?」と迫ります。

炭治郎は恐怖を感じながらも「あぁ!何度でも言ってやる!お前の絆は偽物だ!」とはっきり告げるのでした。

 

 

頑張れ伊之助!!

伊之助は怪我した体で逃げていました。
が、父蜘蛛鬼は地面に落ちた血をたどって伊之助のところへやってきます。

逃げながら考えようとする伊之助。
「やべえ、やべえぜ。あいつが・・・あいつが戻るまでなんとか!」そこまで考えたところで、自分が炭治郎を頼りにしていたことに気付きます。

そんな甘えを振り切るかのように、慌てて鬼の方にUターンして、父蜘蛛鬼の腕に刀を突き立てます。
そしてもう一つの刀で刀を打って腕にめり込ませ・・・ついに切り落としたのでした。

 
驚いたのか(?)鬼が逃げ出したので伊之助は追いかけることに。

探し回ると父蜘蛛鬼は木の上にいました。
苦しそうな表情を浮かべていましたが、怯えていたわけではなく、変身していたからなのでした。

変身により一段と大きくなった父蜘蛛鬼。

これにはさすがの伊之助も「駄目だ、勝てねえ・・・俺は死ぬ。」と刀を下ろします。

 

ところが、炭治郎の「俺が戻るまで死ぬな!」という言葉や藤の家紋の家のおばあさんの「どのような時でも誇り高く生きてくださいませ。ご武運を」という言葉を思い出し、最後の力をふりしぼり父蜘蛛鬼に向かって行こうとする伊之助。

しかし変身してスピードも増した父蜘蛛鬼は光のような速さで動きます。
伊之助も攻撃をしようとしたものの、刀は折れ、伊之助自身も木に叩きつけられてしまいます。

 
頭をひょいとつままれ「俺の家族に近づくなー」と伊之助の頭をギュウギュウ押しつぶそうとする鬼。

頭をつぶされながら、伊之助はいくつかのビジョンを見ます。
「伊之助、ごめんね」と涙を流す女の人と赤ちゃんの姿、炭治郎と善逸の心配そうな顔、藤の家紋の家の親切なおばあさん。

そして最後に見たのは「お前だけは生き延びて」と崖で涙を流す女の人の姿。

 

もうだめかと思ったその時、鬼の腕をスパッと斬ったのは冨岡義勇さんでした。

腕はすぐに再生しましたが、「水の呼吸肆ノ型・打ち潮」と言った瞬間、冨岡さんは鬼の首をはねたのでした。

 
一方、刺激臭がうすくなってきたおかげで戦いやすくなってきた炭治郎。
ついに技を出したものの、なんと刀が折れてしまいます。

恐怖の弟蜘蛛の糸は炭治郎の目の前にまで迫って来ていたのでした。

 

(18話「偽物の絆」おわり)

 

 
前回17話「ひとつのことを極め抜け」のあらすじ感想はこちら↓↓

 

 

アニメ鬼滅の刃18話「偽物の絆」感想だよー


鬼滅の刃 5 (ジャンプコミックス)

 

伊之助のビジョンが泣ける

今回の伊之助は出てきた時の「猪突猛進、猪突猛進」とは随分変わっているところを見せてくれました。
一緒に戦う仲間ができて、彼らのことを思うようになって。

もうダメかもしれないという状況の中で、あのおばあさんや炭治郎の言葉を思い出していた伊之助、なんかいい子だなあと思いました。

最初の登場がひどかったので私は伊之助があまり好きではなかったのですが、知れば知るほど可愛らしく思えてくるというか。
今日もホワホワしてほしかったです。(そんな状況じゃないね)

しかし最後の最後、冨岡義勇さんに助けてもらえてよかったよ・・・。

 

エグイ!見るのが辛かった回

今回だけじゃないですが、エグイシーン多すぎませんでしたか_
乙女の私は怖くて((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルしてました。

見るの辛かった~。

冨岡義勇さんとしのぶさんが来てくれたのでちょっと安心だけど、次回が楽しみすぎます。

 


次回19話「ヒノカミ」のあらすじはこちら↓↓

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク