映画

【リング0バースデイ】心霊映画としては怖さ控えめだが仲間由紀恵が貞子役でびっくり!

2020年8月22日

カモ子です。
先日見たホラー映画「リング0バースデイ」の感想です。

ホラー苦手、恐そうなところは「見ない・聞かない」でスルーしているので大したレビューは書けません。
すみませんね。
 

リング0バースデイの感想


リング0-バースデイー

8月18日にリング0バースデイを見ました。

怖いもの大好きクラブ会長のタワシ(弟)と副会長の彼氏と一緒に見たのですが、恐さレベルは2.5程度でした。(5段階中の2.5)
怖さレベルとしては控えめでしたが、恐いのが苦手な私としては丁度良いぐらいでした。
これ以上怖くなると夜トイレに行けなくなるので嫌!!

 

仲間由紀恵が貞子役だったことに驚き!

この映画で一番びっくりしたのはあの仲間由紀恵が貞子役をやってたってことですよ。

まあ、厳密に言うと、あの恐ろしい貞子になる前の人間だった時の貞子役なんですけど。
(山村貞子が劇団に所属してた時の話)

 
というわけで、貞子役とはいえ血みどろ幽霊というわけではなく、いつもの美しい仲間由紀恵さんが堪能できます。

 
2000年の映画ということですが、仲間由紀恵さん、今も全然変わらないね!!!(不老薬でも飲んでるかと思うほど変わらない)
ストーリーよりも仲間由紀恵さんの可愛さ・美しさに夢中の私でした。
 
 

幽霊より人間が怖いわ!!

この映画観てて思ったのは、幽霊よりも人間の方が怖いということ。
特に、自分の好きな男が貞子(仲間由紀恵)に優しくしてるからとやきもち妬いてた女の子(悦子)が怖かったです、

最後の方で、貞子が現れてから劇団におかしなことが起こるようになったと考える劇団員たちにリンチされる貞子・・・。
あれ見てるとオバケよりも人間の方が怖いなぁと思ってしまったのでした。

劇団員たちが一斉に貞子に襲い掛かっている様子は今思い出しても気持ちの良いものではありません。

 
 

リング0バースデイの結末は?

結局、リンチにより一旦殺されてしまった貞子ですが、なぜだかゾンビのように生き返ります。
そして、超能力?で劇団員たちを次々呪い殺していくんですね~~。

最終的には父親に薬を打たれ、生きたまま井戸の中に落とされてしまった貞子。
そして井戸の蓋をされてしまったところでおしまい。
 

井戸に落とされても生きてたことにびっくり


 
 

映画よりも怖かったのは深夜に聞いた女の歌声

この映画自体はめちゃくちゃ怖いというわけではなかったんです。(なにせ5段階評価の2.5レベルの怖さ)

でもね、翌日の深夜ちょっと気味の悪いことがありました。
 

丑三つ時にそろそろ寝ようと洗面所で歯磨きをしているとどこからか女の人の歌声が聞こえてきたのです。
 

実は私が住んでいるアパートには歌が大好きでいつも気合い入れて歌っている女性がいるのですが、基本的にその人が歌うのは早朝から夕方ぐらいまで。
深夜に歌っているのは聞いたことがありません。

 
が。
その日は丑三つ時に女性の歌声。
それも、例の歌声自慢の女性のようにビブラートをかけたりせず、非常にしっとりとした感じの歌い方だったので余計にゾッとしました。

 
あれは何だったんだろう?

怖くてすぐ部屋に戻ったので何だったかはわからないのですが、あまり思い出したくありません。

 

 

 

映画リングバースデイ感想まとめ

映画自体はそれほど怖かったわけではないのですが、その後の歌声がとにかく不気味でした。
しかもその後ホラー好きらしい城田優君の恐怖体験エピソードを聞いてさらにゾクゾク。

やめてくれよ。

というわけで、ホラー映画観た夜は夜更かししないでさっさと寝ることをおすすめします。
では。
 


ホラー好きによるおすすめJホラー映画の記事はこちら↓↓

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

映画, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク