映画

【#生きていると新感染】韓国ゾンビ映画2作品をnetflixで見てみた感想!

カモ子です。
少し前にNetflixで韓国のゾンビ映画#生きているを見ました。
そしてその流れで「新感染」を視聴。

 
こんなこと書くとゾンビ好きかと思われそうですが、恐い系全般苦手です。
そんな私が書く「#生きている」と「新感染」の感想記事。

ゾンビマニアではないのでヘボ記事です。よろしゅう。

韓国ゾンビ映画「#生きている」と「新感染」の大まかな感想

ではまず2つの映画を見た感想から書いていきますが、両方こわかったです。
「#生きている」の方はジワジワくる怖さ、そして「新感染」の方はパニック要素の多い恐さといった感じでしょうか。

ホラー系苦手な私は両方とも思いっきり歯を食いしばって見ていたせいで、映画終わってから首寝違えた時みたいな体の不調がありました。
(情けないw)

では簡単にそれぞれの感想を書いていきますね。

 

「#生きている」の簡単な感想


 

こちらの「#生きている」はイマドキのゾンビ映画という感じでした。
主人公がゲーマーでストリーミングしてる人のようだったし、ドローン飛ばしたりしてて、昔のゾンビ映画にはない演出がたくさん。

それから、「#生きている」の日本公開は2020年9月。(韓国では同年6月)。
丁度コロナの時期と重なってるんですよ。

不用意に外に出ても危険だし、だからと言って家に籠ってても備蓄が底をつくと、これまた命の危機。
感染を恐れて1人家に籠っていることで主人公が精神的に参っていく様子もコロナ渦の今だからこそ、とても考えさせられました。

1人は心細いよね。

だからこそ、同じくマンションに1人取り残された同士ユビンが登場した時には心から嬉しくなりました。
2人とも良い俳優さんでした~!
 

 

「新感染」の簡単な感想


 
この新感染は仕事人間の父親と、寂しい思いをしている娘スアンが主人公の物語。
ソウルから釜山に向かう高速鉄道にウイルス感染者が紛れ込み、車内にゾンビが溢れていくってストーリーなんだけど、こういう逃げ場がない場所でゾンビと一緒になるのは絶対ゴメンだね。
こわすぎ。

登場人物は当然とても多く、「#生きている」みたいな孤独感は皆無なんだけど、さっきまで人間だった車内の顔見知りがいきなりゾンビになったりするから悲しいんですよね~。

上映時間118分なんですけど、この中で印象深いエピソードも多数あり、内容的には盛りだくさん。
良い作品だったと思います。

 
 

ゾンビは「#生きている」「新感染」どっちが怖い?

韓国ゾンビ、動き早いです。
私の中でゾンビというものは足を引きずるようにしてゆっくり歩いてくるキモイ存在なのに、韓国ゾンビは人間並みの能力を持ってるのでとにかく怖いです。

では2作品それぞれのゾンビについて書いてみますー。
 

#生きているのゾンビ

「#生きている」を先に見たこともあるのか、昼間でも十分怖かったです。

前半はマンションに主人公1人で周りにはゾンビがいっぱい・・・という状況だったからかもしれないのですが、ゾンビがすごく怖いものに思えました。

そもそも隣人が感染してゾンビに変化してるあの映像だけでもうお腹いっぱいという感じ。
(ゾンビの特殊メイク、ヤバイよね!?)

それ以外のゾンビなんて、直視できないほどでした。

ジュヌの部屋を訪れたゾンビもヤバかったですし、ユビンの部屋に登っていく元消防士のゾンビのシーンも怖すぎ!!!

 

私、あのシーンは座って見ていられなくて、席を立ってエクササイズしたり外の景色見たりして気分紛らわせながら見ましたもん。
ホントにこわい。

弟のタワシはそんなに怖くなかったらしいですけど、ゾンビ好きは感覚が麻痺してるっぽいね?!
 

タワシによる#生きているレビュー記事↓↓

 

 
 

新感染のゾンビ

比較するのであれば新感染のゾンビの方が怖かったです。
なにせ数が比較にならない。

めちゃくちゃ多いし、やはり顔もグロイし狂暴。



ゾンビに変わる時、顔に亀裂(?)みたいなのが入るのも怖すぎ。

 
それからこっちのゾンビは人間見つけて襲い掛かってくる時の本気度が半端ないね!!
ウォーキン〇・デッドのウォーカーみたいなウスノロゆっくりゾンビで慣れてる私には恐怖でしかありませんでした。

韓国ゾンビ、怖すぎ!!
 

「#生きている」も「新感染」も両方怖かったけど、ゾンビの能力的に新感染の方が恐ろしい気が・・・。
ゾンビに変わってる最中も言葉が話せるってのがまたこわい。
 

 

「#生きている」「新感染」どちらのゾンビ映画にも悪役はマスト!

パニック映画には欠かせない「悪役」。
こういうパニック時には、一瞬にしてその人の本質が表れるものですが、やはり今回の2作品にも悪役さんが登場しました。

両方ひどかったけど、ひどさレベルは「新感染」が圧勝です!!おめでとう!!
 
 

ゾンビ映画「#生きている」に登場した悪役

メインの登場人物がたった二人だけのこの映画。
悪役が出てきたのも後半の数分だけでした。

ネタバレ注意ですが、この悪役、最初は「良い人」の仮面をかぶって登場。
ゾンビに追われている主人公二人を自分の部屋に匿い、食料まで提供する太っ腹ぶり。

ところが本当の目的は、別室にいるゾンビ化した妻の食料にするため2人を招き入れたのでした。

まあ、親切そうに食べ物を振る舞ってる段階で既に怪しかったんですけど、ゾンビにユビンを差し出した時には「やっぱりな!!」と思ってしまいました。

ただ悪役とはいえ、妻を大事にしている様子は伝わって来たので、新感染の悪役おっさんよりはだいぶマシかな。
 
 

ゾンビ映画「新感染」に登場した悪役

新感染に出てくる悪役、バス会社常務のヨンソクさんは最低最悪です。
このオッサンのせいでいったいどれだけの人が犠牲になったのか・・・。

やらかした悪行が多すぎるので一つ一つは書きませんが、とにかく自己中の塊。
自分が助かるためには何でもするんだからすごいよね。

姉妹の片方が車両にゾンビの集団を招き入れた時にはさすがに助からなかっただろうと思いましたが、トイレに避難してて無事だったんですよね。ホント、しぶとい。
演技だとわかっててもイライラしました。

というわけで2作品の悪役対決(?)はヨンソクさんの勝利!!!
 
 

韓国ゾンビ映画「#生きている」「新感染」を見た感想まとめ

「新感染」に関しては公開当時(2016年)頃から友達から勧められていたのですが、今まで勇気が出ませんでした。
2020年になってからようやく見たわけですが、なかなか良かった!

そして#生きているも良かったです。

これらは両方韓国の作品なわけですが、そういえば日本はゾンビ映画とかってあまりないのかな。
ジャパニーズホラー(幽霊系)のが人気なのかもしれませんね。

ゾンビ系映画はこれまで食わず嫌いしてましたが、今後もたまには見てみようかなと思いました。
(彼氏から「28日後」だか「28年後」だかを勧められてるけどまだちょっと抵抗あるんですよねー)

また何か見たらレビューします!
 

#生きているのレビュー記事はこちら↓
 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

映画, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク