映画

【天使のくれた時間】あらすじと感想!クリスマスにおすすめの面白い映画

毎日のようにクリスマス映画を見ているカモ子です。
ハッピーホリデー!!

今日は面白い&笑えるクリスマス映画をご紹介しちゃうよ。

ニコラス・ケイジ主演!コメディ要素たっぷりのクリスマス映画

今日ご紹介する映画はニコラス・ケイジが主演、ティナ・レオーニがヒロインを務めるクリスマス映画。
人生において大切なことを教えてくれる映画でありながら、笑える箇所がたくさん用意されている素晴らしい作品です。

目先の利益のために大切なものを手放そうと考えている人にはドキドキさせられるストーリーでしょう。
コメディ要素がたっぷりの映画でありながら、人生について真剣に考えてしまいます。
 
 

天使のくれた時間!簡単なあらすじ


天使のくれた時間 [DVD]

13年前(1987年)。

アメリカの空港からロンドンに旅立とうとしていたジャック(ニコラス・ケイジ)。
そしてそれを引き留めようとしたのが恋人のケイト(ティア・レオーニ)。

しかしジャックはケイトを説得し、仕事のためにロンドンに行ってしまいました。

そして現在。
2000年。
ジャックはニューヨークのウォール街で大成功し、金融会社の社長になり優雅な独身貴族となっていました。
(もちろん女性も選り取り見取りでしょう!)

家族との団らんタイムであるクリスマスイブでさえ会議をこなす、完全な仕事人間となっていたジャック。
夜仕事の後で立ち寄ったデリで店員に詰め寄っていた黒人男性を見かけます。
お金がらみのトラブルのようだったわけですが、ジャックがその場をおさめます。
店の外で黒人男性と軽く会話したジャックでしたが、彼は意味深な言葉を残し去って行ったのでした。

その夜、いつも通り高級マンションに戻り豪華なベッドで就寝したジャックでしたが翌日目を覚ますと自分がどこか知らない場所にいることに気付きます。
隣には13年前に別れたはずのケイトが寝ており、さらには子供二人に犬までいるという意味不明な状況になっていたのです。

あまりに驚いてしまい、慌てて自宅であるはずのマンハッタンの高級マンションに戻ろうとしたのですが、顔なじみのセキュリティーや隣人は誰もジャックのことを知らない様子。
さらには自分が社長を務める会社の従業員さえジャックを知らないようでした。

 
わけがわからず混乱状態のジャックの前に現れたのは前日出会った黒人の男性でした。
なんとその男性は天使で、ジャックに大切なものを教えるために煌めきを見せていたのでした。

13年前、ジャックが選んだのは自分の未来と仕事でしたが、天使がジャックに見せたかったのは「ジャックが選ばなかった人生」。
行かないでと懇願していたケイトの元に留まり、平凡ながらも幸せな暮らしを楽しんでいたもう一つの世界でした。
その世界ではジャックはタイヤ販売店の店員、妻は無料の弁護士でした。
 

混乱と戸惑いからおかしな言動を繰り返すジャックと、わけがわからない周囲の人間でしたが、唯一ジャックの娘アニーだけは「パパじゃない」ということを理解していました。
アニーの助けを借りながらこちらの世界に馴染もうとするジャック。
 

満を抱きつつもタイヤ店での仕事を頑張っていた時、偶然元の世界で勤めていた金融会社の会長に再会します。
もちろん会長はジャックのことを知りませんでしたが、彼の熱弁に感心します。

それがきっかけとなり、ジャックは再び大手金融会社への転職の可能性が巡ってきます。
しかし、妻のケイトは子供たちの学校のことなどを思うと、賛成はできないのでした。

必死の説得にもケイトの了承を得られなかったジャック。
結局はケイトの気持ちを尊重します。
この世界での幸せに気付きそれを大切にしていこうと決めたその日、また例の黒人の青年が現れました。

夢の終わりを告げに来たのでした。
ようやく大切なものに気付いた途端に現実の世界に戻されることになったジャック。
彼は一体どうなったのでしょうか?
 

 

面白い!天使のくれた時間を見た感想は?

クリスマス映画の中でもお気に入りの部類に入っているこの映画「天使のくれた時間」。
面白い箇所が多いのが良いですね。
笑いながら見えるってありがたい・・・。
 

 

いちばん大切なものは目に見えない

星の王子さまじゃないですけど、一番大切なものって目に見えないんですよね。
家族との絆であったり、健康であったり、そういうものって見えないですよね。

人生において大切なものって何?と聞かれると、大人であれば心の中だけでも「お金」と思ってしまう人は多いとおもうのですが、お金だけじゃないんですよね。

むしろ素敵な家族や健康ってお金をいくら積んでも買えません。

そういう大切なことを教えてくれる映画。
 
 

ティア・レオーニの可愛さにメロメロ!

色々言いたいことはありますが、中でも声を大にして言いたいことがあります。
それは「ティア・レオーニ可愛い!」ってことです。

日本人ウケのよさそうなちょっぴり童顔の可愛い系美女。

そんな可愛い系美人が喜んで大はしゃぎしたり、怒ったりと色んな表情を見せてくれるこの映画。

同性の私から見ても、ティア・レオーネの可愛さは半端ねぇ!!!って思ってしまうほど。

 
殿方はほぼ例外なく一瞬で落ちるだろうよ。
クリスマスなんてどうでもエエけどかわいい女の子が見たいわあというあなたにもおすすめの映画。
 
 

天使のくれた時間まとめ

ありとあらゆるクリスマス映画の中でもトップ5に入る素敵な作品です。
笑えてほっこりできて、人生について真剣に考えるきっかけも与えてくれる、すんばらしい映画。

ティア・レオーネのことばかり書きましたがニコラスケイジの演技も相変わらず最高です。

この映画を見て素敵なクリスマスを過ごしてくださいね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

映画, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク