音楽

【熱闘甲子園テーマソング】Official髭男dismの「宿命」が良い!アーティスト名の読み方も

2019年8月6日

こんにちは。
カモ子です。

夏の甲子園!始まりましたねーー!

今年の甲子園のテーマソングが良い感じだと思うのですがどうでしょうか??

今年の甲子園テーマソングはOfficial髭男dism! 読み方は?

Official髭男dismというアーティストですが読み方がよくわからないという方も多いと思います。

これは「オフィシャルヒゲダンディズム」と読みます。

初めて見た時は「オフィシャルひげおとこでぃずむ・・・・なんだこりゃ!!!」って感じでしたが、
正しい読み方知るとなるほど・・・って感じですね。

ちなみに、オフィシャルヒゲダンディズムというのは長いので、略称の
「ヒゲダン」
と呼ばれています。
 
 

ヒゲダンってどんなアーティストなの?


【Amazon.co.jp限定】Traveler[初回限定LIVE Blu-ray盤](A4クリアファイル[Amazon.co.jp ver.]付き)

ヒゲダン(Official髭男dismは2012年結成の日本の男性4人組ピアノPOPバンド。
 
「ヒゲダンなんて言っても、髭ないやん!!」と思うかもしれませんが、バンド名は「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたい」という意思」が込められているそうですよ。

軽くメンバー紹介してみます!
 
 

藤原聡(ボーカル・ピアノ)

1991年8月19日生まれ。鳥取県出身。
金融機関で営業経験あり。元ドラマーでメタル好き。
 
 
 
 

小笹大輔(ギター)

1994年1月6日生まれ。島根県出身。
2019年7月30日、交際していた一般人女性と結婚したことを発表。
母校の松江工業高等専門学校ではカオス理論を研究していたらしい。
 
 
 
 

楢崎誠(ベース・サックス)

1989年3月18日生まれ。広島県出身。
音楽教員免許所持。
島根県警察音楽隊でサックスを吹く仕事をしていたことも。
 
 
 
 

松浦匡希(ドラムス)

1989年3月18日生まれ。広島県出身。
中学時代に既に剣道初段。中学2年の頃米子市総体で準優勝。
釣りやアニメが好き。
 
 
 
中国地方出身の彼らですが、本格的に活動するために2016年に上京。
 
 

甲子園テーマソングの「宿命」がなんだか好き


宿命


↑視聴も購入もできるよ(´・ω・)

 
 
これから夏の間中頻繁に聞くことになると思いますが、この曲はなんだか(・∀・)イイ!!です。
ボーカルの藤原くんの声がソフトで聞きやすいというのは勿論のこと、メロディーも軽快でいつまでも聞いていたくなる感じなんです。

あまりに個性的な曲だと一部のファンにしか受けないかもしれませんが、この曲は老若男女に受け入れられそうな心地の良さがあります。
 
 

 
 
爽やかな曲なので高校野球にぴったりですよね。
ついでに言うと…

基本的に自分が中高時代に流行っていた音楽が一番しっくりくる私だけど、彼らの曲はどれを聞いてもなんだかいいな~なんて思っています。
 
う~ん。良いバンドに出会いました。
 
 

ヒゲダンボーカル藤原の母校米子東高校が甲子園に出場

見出し通りですが、ボーカルの藤原君の母校である米子東高校が甲子園に出場するんですよね。
トーナメント表を確認してみると、第3日目に強豪智弁和歌山と当たるようです。

ボーカルの藤原君はドキドキだろうな~~。

一試合目のようなので時間的に余裕がある方はテレビ観戦を。
 
 

これから何年たってもこの曲を聴くと2019年の夏を思い出しそう。
凄く良いので聴いてみてね!


ヒゲダンのホームページはこちら→Official髭男dismオフィシャルホームページ

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

音楽, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク