ドラマ

【サイコだけど大丈夫】ムニョンとガンテの関係に胸キュン!7話までの感想!ネタバレ有り

カモ子です。

今日は、最近見てるドラマ「サイコだけど大丈夫」について書いてみようと思います。
とりあえず7話まで見てるので現時点での感想です。

 
 

韓国ドラマ「サイコだけど大丈夫」のムニョンの設定にびっくり!


Ibesecc 悪夢 恐竜 ぬいぐるみ キム・スヒョン、ソ・イェジ、オ・ジョンセ主演のドラマ 「サイコだけど大丈夫」 20cmぬいぐるみ 誕生日プレゼント

まずね、このタイトルですよ。

「サイコだけど大丈夫」

 

このドラマ、Twitterのお友達に勧めて頂いたんですけど、見る前は猟奇事件だらけのサイコパスのストーリーを思い浮かべて、「夜に見たら夢でうなされるかもしれない」と思っていました 笑

 
実際見てみると、最初の方から結構強烈。
少女が蝶々の羽をちぎってる・・・!!!こわいっつーの。
 
そして大人になった少女もこれまた強烈。
ド派手な服装に身を包み、仕事仲間にもやたら偉そうな態度で接してるじゃーないですか。

彼女、コ・ムニョンはとても美人なのに、人間としての温かみに欠ける表情が印象的なんですよね。
大人になり、さすがに蝶をちぎったりはしないのですが、やはりどこか冷たさを感じるというか。
 

笑ってるシーンも、目は明らかに笑ってないんだよね

彼女を「サイコパス」と呼んでいいのかはわかりませんが、どこかのシーンで出版社のアートディレクターは彼女のことを「パーソナリティ障害」と言ってましたね。

日本ではドラマの主人公としてはあまり扱われることがないと思うので、すごい設定だなぁと思ったことを覚えています。
 

 

意外に肉食なムニョンと全く相手にしないガンテの組み合わせ

最初は、「子供の頃の恐怖体験を乗り越え(?)積極的にムニョンに関わろうとする青年と、ひたすら冷たく対応する女のストーリー」かなと思っていたら、立場が割と逆でした 笑

ムニョンは思った以上に肉食でガンテに近づこうとしていたものの、ガンテは兄のケアと日々の生活で精一杯な感じだったしムニョンのことは全く相手にしてなかったです。

ガンテって、仕事は真面目だし、兄にも優しいし、他の人に対しても穏やかに接するのにムニョンには愛想笑いさえしなかったよね。
 

しかもその状態が結構長かったですよね。
せっかくちょっと打ち解けるきっかけができたかなと思っても、また距離が開いてしまうことの繰り返しでとにかくもどかしかった!!

わざと相手を怒らせるような発言をしてしまったりね。

 
「次どうなるんだろう?」「2人の距離ちょっと縮まった!」「かと思ったらまた離れた!」とハラハラドキドキ毎回一喜一憂させられる感じがありました。
 
 

もうサイコじゃない!ムニョンが変わっていく様子が最高

ムニョンって何するかわからない怖さみたいなものが見え隠れする人だったんですよ。
最初の方も、誰だったかオッサンを階段から落としたりね。


顔が笑ってても、ピュアな笑顔というよりは「不敵な笑み」みたいなイメージ。

でもガンテと再会してから、少しずつ変わって来ました。

そして、どんどん人間らしい(?)表情を見せるようになったんですよね。
特に、6話の最後の方のシーンで、母親の悪夢で号泣するムニョンはものすっごい迫力でした。

これまで自分の感情をずっと抑え、強さを全面に出して生きてきた様子だったムニョンでしたが、
彼を失いたくなくて大声で泣いたり、
翌日ガンテと出かける時はメイクにも気合い入ってたり(目元キラキラ)、楽しそうに鼻歌歌ってたり、悪夢人形のシーンでガンテからのキスを期待して唇を尖らせて待っていたりと普通の女子のようなかわいらしさがどんどん溢れるようになったムニョン。

 

7話ではムニョンのサイコっぽさはほぼなくなっていました。(代表を階段から突き落とそうとしてたけどねw)

最後のシーンでムニョンが無造作に切った髪の毛をガンテに揃えてもらった後の表情なんて神がかってましたよね。
長年母親に苦しめられてきたけど、ようやくそれから解き放たれたのかな。
 

 

回を追うごとに変わって来たのはガンテも同じ

ガンテと言うと、兄のケアをするしっかり者で、常に穏やか、自分の願望を主張することもなく、ただ真面目に一生懸命生きてるだけの青年でした。

子供の頃から兄を見る役割を与えられ、存分に母に甘えることもできず、そのまま大人になってしまったせいで、他人とは常に一定の距離を取り、「あれがしたい」「これが欲しい」と当たり前の欲求を口にすることもなく生きていたガンテ。

でも、実は欲がないのではなく、我慢していただけでした。

我慢我慢のガンテを変えたのがムニョンだったわけです。
 

能面を取っ払い、泣いたり怒ったり笑ったりという、人間として当然の感情表現ができるようになりました。

ムニョンに対しては常に険しい表情を見せてきたガンテが、彼女を見ながら優しい表情で微笑むようになった時はドキドキして口から心臓が飛び出すかと思いました。

サンテとも本音で向き合えるようになってきて良かったよね。
 
 

サイコだけど大丈夫に胸キュンポイントがあるとは思わなかった

ショッキングなタイトルのせいで、恐ろしいドラマのイメージが強かった「サイコだけど大丈夫」。
(だって「サイコだけど大丈夫」ですよ?大丈夫なわけないやん!)

胸キュンなんて鼻から期待していませんでした。

ところが、二人が変わり始めたあたりからチョコチョコと胸キュンポイントが出て来始めました。

私が一番キュンとしたのは、ガンテ手作りの悪夢人形のとこです。

あの氷の女王みたいだったムニョンが嬉しそうに微笑みながら「マンテ」なんて言ってるんですよ。
キュンキュンしないわけがないじゃないですか。

髪を切ったムニョンにガンテが「綺麗だ」って褒めてるところもヤバかった!

これから胸キュンシーンどんどん増えていくんだろな。
ときめきって大事よね。楽しみ。
 
 

サイコだけど大丈夫の8話以降が楽しみ

心に問題を抱えた二人の男女が、闇から抜け出し心を通わせ始めるところまでが7話だったのですが、これからどうなるんだろう?

今個人的に気になっているのは・・・

・出版社の今後

・ムニョンとガンテがラブラブになるのかどうか

・サンテはキャンピングカーを手に入れられるのか

・ジュリちゃんに春は来るのか

・雑用係をさせられているアートディレクターの子の今後

・ムニョンはサンテの恐竜Tシャツを着ることがあるのか?

などです。

特に、私の一番のお気に入りキャラはサンテなので、ぜひムニョンには彼の可愛い恐竜Tシャツを着てあげてほしいところです。
まだ9話あるので期待してもいいかな。

 
ではまた書きまーす。
 


サイコだけど大丈夫1話ずつの感想はこちら↓↓

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

ドラマ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク