おすすめ漫画・アニメ

【スパイファミリー37話】黄昏がダミアンにオッサン呼ばわりされる回|ネタバレあらすじ感想

2020年11月30日

こんにちは、あるいはこんばんは。
カモ子です。

前回からもう2週間経過!
時間が経つのが早すぎてヤバイー。(明日は12月だよ。早っ!)

ではさっそくスパイファミリー37話のネタバレあらすじと感想書いていきます。

今回も良かった。
ドキドキしました。
 

スパイファミリー37話ネタバレ有りの簡単あらすじ


SPY×FAMILY 5 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

イーデン校の懇親会!

イーデン校の懇親会。
半期に一度皇帝の学徒とその親やOBの一部のみで開かれる伝統行事で、政財界の大物や学者、技術者、芸術家などその顔触れはそうそうたるもの。

そんなイーデン校に、黄昏は変装し、校内に潜入していました。
デズモンド(ダミアンの父)と接触するべく、懇親会の会場となる「知恵の塔」へ潜入が可能かどうかをうかがっていたのです。
 

とはいえ知恵の塔への潜入は非常に厳しい状況。
警戒心の強いデズモンドに怪しまれないためにも慎重に行動する必要があります。

任務の目的は「継続的なデズモンドへの接触」で、情報を引き出していくことなので、誰かになりすまして接触するのではなく「ロイド・フォージャー」として接触するのが最善だと考える黄昏でした。

 
 

ダミアンくんの気がかりは・・?

アーニャたちの教室では先生が生徒たちに下校を促していました。

生徒たちは懇親会の話で盛り上がります。
女子たちはダミアンの父に興味津々。
しかしダミアンは浮かない表情をしていました。

ダミアンは数日前、兄に連絡をとっていました。

懇親会の後少しでいいから父に会ってもらえるよう伝えてもらうよう頼んでいたのでした。

ダミアンの兄は「伝言はするが父上は忙しいから期待するな」と言い、ダミアンも「うん・・」と答えるしかなかったのです。

 

そんなやりとりを思い出しつつも、兄に伝えた父との待ち合わせ場所に向かおうとするダミアン。
アーニャはダミアンの心を読み、ダミアンを尾行しようとします。
ところがアーニャの尾行は目立ちすぎで、ダミアンと取り巻きにはバレバレ。

ついにはストーカー扱いされてしまいます。
 
ダミアンに「短足ブス!二度と近寄るな、キモキモストーカーゴリラ!」と言われるアーニャ。

 

そんな2人のやりとりを見守っていたのは変装姿の黄昏でした。

ダミアンの反応から2人はまだ不仲のままだと判断した黄昏は少し残念がりますが、まずはダミアンとデズモンドの接触のことを考え集中します。

その黄昏の考えに気付いたアーニャは、父が近くにいるかもしれないことに驚きますが、ひとまずダミアンを追いかけることに。
ベッキーもアーニャと共に走ります。

 

 

アーニャがダミアンを説得!

ダミアンはデズモンドとの待ち合わせ場所に向かっていましたが、途中で皇帝の学徒とその親たちとすれ違います。
彼らの存在感と雰囲気に気圧されるダミアンと取り巻き。
 

取り巻きに「お父上はこの中でもVIP中のVIPだ」と言われ、怖気づいてしまったダミアンは父との再会を中止しようと考え始めます。

そんなダミアンの前に現れたのがアーニャでした。
 

ダミアンが考え直すよう、話し始めたアーニャでしたが、途中から支離滅裂に。
アーニャのくだらない話にバカバカしくなったダミアンは考え直し、父を待つことに。

この展開には陰で見守っていた黄昏も喜びます。

 

ベンチに座って待つダミアンと、少し離れたところで座っている取り巻き。
アーニャも離れたところで座って待ちます。
ベッキーもアーニャの恋心を応援してその場に残ることを決めます。

が、途中で爆睡してしまったアーニャ。
ベッキーはお世話係のマーサにアーニャを背負わせ、下校します。

 

 

デズモンド総裁との接触のために黄昏が動く?!

黄昏はダミアンたちの近くにアーニャの羊のマスコットそっくりのもの(黄昏の手製)を落として去り、会が終わったところで変装を解いて黄昏の姿になり再度ダミアンの近くに戻ります。

そして羊のマスコットを探しているふりをしてダミアンたちへの接触を試みます。
 

拾ったマスコットを持っていたダミアンは、「もしかしてコレ?」と差し出し、「おっさん、もしかしてフォージャーのお父さん?」と尋ねます。
 

黄昏はダミアンに、「君はもしやダミアン・デズモンド君?」と聞き、そうだとダミアンが答えると突然膝をついて謝り始めます。

驚くダミアン(と取り巻き)の前で入学式の時にアーニャが殴りかかったことを謝罪し、「改めてご両親にも謝罪を」と申し出る黄昏。
 
 
そのタイミングでデズモンドが取り巻きたちと共に現れます。

ついにデズモンド総裁と対面を果たした黄昏。
デズモンドに謝罪をしつつも名乗ることに成功したのでした。

(スパイファミリー37話おわり)

 
前回のスパイファミリーネタバレあらすじと感想はこちら↓↓

 

 

スパイファミリー37話感想


SPY×FAMILY 1-4巻 新品セット

 

いつもダラダラと感想を書く私ですが、今日は眠いので手短にいきます。(もう午前2時半だよ・・・)

黄昏とダミアンが会話を交わすところ、ドキドキしたーーーー!!!

でも、ダミアンに「おっさん」って言われてしまってたね・・・笑ってしまったわ。
黄昏、若々しくてかっこいいお父さんだと思うけどなあ。

 
それからデズモンド総裁、ダミアンに会いに来てくれたのは良かったんだけど、相変わらず怖いわあ。
人間らしさがないんだよなあ、この人。

とはいえついに黄昏、デズモンドと接触できました。
次どうなるんだろう。ワクワク。

次回は12月14日。楽しみだい!!
さあ、寝よ寝よ。ハッピーな気持ちで眠れるわー。
 

次回スパイファミリー38話ネタバレあらすじはこちら↓↓

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:


たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク