おすすめ漫画・アニメ

呪術廻戦1話「両面宿儺 」アニメネタバレあらすじ |虎杖も伏黒もかっこいい!

2021年1月21日

呪術廻戦1話「両面宿儺 」あらすじ

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
呪術廻戦 1
 
 
呪術廻戦1話目の簡単なあらすじを書いていきます。

ただ、効率よくまとめたわけでなく、アニメのストーリーそのままを軽く文字にしているだけなのでそこそこ長文です。
そしてネタバレ有りなのでまだ見てない方は注意!

1話目感想はこちら↓↓

 

 

呪術廻戦主人公虎杖悠仁(いたどりゆうじ)

傷だらけになった高校生ぐらいの少年が、お札(ふだ)だらけの部屋に閉じ込められています。
ぼんやりする意識の中で少年に話しかけていた男は呪術高専で1年を担当している五条悟だと名乗ります。

少年が動こうとするも、拘束されていて動けません。
驚く少年に、五条は「人の心配してる場合じゃないよ虎杖悠仁(いたどりゆうじ)。君の秘匿死刑が決定した」と告げたのでした。

(OP)

入院している祖父に必要なものはないかと電話をかける虎杖悠仁。
しかし祖父は「部活しろ!!」と怒鳴ります。

虎杖は看護師さんに「明日行きます」と伝え、電話を切りました。

 

呪術廻戦キャラクターぬいぐるみ情報↓↓
 

 
 

特級呪物

夜の宮城県杉沢第三高校。
1人の男(イケメン)が百葉箱の前で立ち止まり、「こんな所に特級呪物保管するとかバカすぎるでしょ」と一言。

特級呪物とやらを求めて扉を開けるも、中は空っぽ。
すぐ電話で誰かに報告します。

しかし電話の相手は「見つけるまで帰って来ちゃダメ」と言い電話を切ったのでした。

 
 
翌日。
心霊現象研究会と貼り紙がされた教室では虎杖を含む生徒3人がコックリさんをして遊んでいました。

そこへ、生徒会長と思われる男子生徒”プランクトン会長”が、活動実態がない心霊現象研究会は部室を明け渡すよう言いにきました。
事前通告があったようです。

すると心霊現象研究会のメガネ女子の先輩が、ラグビー部に体調不良者が出てラグビー場が閉鎖されているという話をし始めました。
彼らが体調を崩す前にラグビー場で奇妙な物音や声を聞いたらしいのです。
 

メガネ女子が持ち出したのは30年前の新聞記事。

建設会社の吉田さんが行方不明になったという事件だが、最後の目撃情報は建設途中の杉沢第三高校だったと言います。
資金繰りに行き詰まった吉田さんは闇金に手を出し、その筋の組織にも狙われていたことから、一連の騒ぎの原因はラグビー場に埋められた吉田さんの怨霊の仕業だとメガネ先輩は主張するも、プランクトン会長は「マダニが原因だ」と一蹴。
 

虎杖は真相が何であれ、これは立派な部活動だと主張しますが、会長はそもそもの原因は虎杖にあると言います。
虎杖の籍はオカ研ではなく陸上部にあり、同好会規定に定める最低人員3名に達していないのだとか。
 

実は、虎杖自身はちゃんと心霊現象研究会(オカ研)に入部希望を出していたのですが、陸上部顧問が虎杖の実力を欲して入部届を書き換えていたのでした。
 

陸上部顧問の高木は、虎杖と陸上競技で勝負したいと言い出します。
もし自分が負けたら虎杖のことは諦めると自信満々な高木先生でしたが、あっさり負けてしまいます。

虎杖はオカ研(心霊現象研究部)に残れることに。

 

勝負がつくと虎杖は猛ダッシュで学校を去りました。

猛ダッシュの途中、虎杖から呪物の気配を感じ取ったのは、百葉箱の中の特級呪物を探していたあの黒髪の男。
男は慌てて声を掛けるも、虎杖はまったく気付かないほどのスピードで祖父の入院先に向かったのでした。
 

 

虎杖悠仁の祖父の言葉

祖父の病室にて。
祖父は照れ隠しからか「来るなって言っただろ」とか「花なんて買ってくるんじゃねえ!」と毒づきますが途中から「最後に話しておきたいことがある」と言います。

真面目な顔で、
「悠仁、お前は強いから人を助けろ。手の届く範囲でいい。救えるヤツは救っとけ。迷ってもいい。感謝されなくても気にするな。とにかく1人でも多く助けてやれ」

そして「お前は大勢に囲まれて死ね。俺みたいになるなよ」とポツリと話すおじいさん。

 
それ以上何も言わないおじいさんに違和感を感じ、虎杖が話しかけるもおじいさんは無言。
おじいさんは亡くなっていたのでした。

 

 

呪術高専の伏黒

虎杖がおじいさん関連の書類を看護師さんに提出していると、特級呪物を探していたあの男が現れました。
男は「呪術高専の伏黒(ふしぐろ)だ」と名乗ります。
 

そして、「お前が持っている呪物はとても危険な物だ。今すぐ俺に渡せ」と虎杖にスマホの画像を見せます。
虎杖は画像の呪物を見て自分が拾ったことを認めるも「先輩たちが気に入っている」と伝えます。
 
 
年平均1万人を超える日本国内の不可解な死者や行方不明者のほとんどは呪いによるものだと説明をし始める伏黒。

特に病院や学校には怨念がたまりやすいため、多くの学校などに魔除けとしての呪物を密かに置いていたが、邪悪な呪物を置くことで他の呪いを寄せ付けない劇毒だと伏黒は言います。
魔除けとは名ばかりの悪習で、年月とともに封印が緩み、今となっては呪いを招き、肥えさせる餌に転じたんだとか。

特に、虎杖が拾ったものは特級呪物に分類される危険なものなため、早急に返却してほしいと伏黒
 

それを聞いた虎杖は呪物の箱を伏黒に渡しますが、中身は空っぽ。
中身の呪物はオカ研の先輩が持ってると言います。
伏黒が虎杖に感じたのは残穢だったようです。

慌てて学校に向かう伏黒と虎杖。

丁度その時、学校では先輩たちが呪物の封をほどいていました。
中から出て来たのは一本の指。

指を恐々眺める先輩たちの上では魔物が2人を見下ろしていたのでした。

 

 

オカ研の先輩を襲うバケモノ

伏黒と虎杖が学校に到着した時には既に妙な気配が膨れ上がっていました。
虎杖に校庭で待っているよう指示し、先輩たちのいる4階に急ぐ伏黒。

 
その頃、バケモノは「いまなんじですか~~」と言いながら教室の中を縦横無尽に歩き回っていました。
メガネ女子の佐々木先輩はガタガタ震えながらも、見つからないように教室の隅で隠れています。

もう一人の井口先輩の声がしたので少しホッとする佐々木先輩でしたが、実は井口先輩はもうバケモノに襲われていました。
恐怖におびえる佐々木先輩。

すると、佐々木先輩の背後からもバケモノが襲い掛かってきていました。

 
そこへ、走って来た伏黒が近くまでやって来ました。
「玉犬!」と叫び、狼のような動物を出します。

伏黒が呪物を探し当てた時には佐々木先輩はバケモノに飲みこまれそうになっていました。
「間に合わねえ!!」と伏黒。

 
 

虎杖の活躍

そこに窓を突き破って現れたのは校庭で待っていたはずの虎杖でした。
言われた通り外で待っていた虎杖でしたが、校舎内から膨れ上がる死の気配を見て祖父の言葉を思い出しやってきたのでした。

バケモノを渾身の力で殴り、佐々木先輩を助け出します。

 
ツンデレな感じで虎杖を褒める伏黒。
虎杖は倒れたバケモノをむしゃむしゃ食べている狼たちについて尋ねます。

伏黒は「俺の式神だ。見えてんだな。呪いってのは普通見えねぇんだよ」と答えます。
 
 
虎杖はこれまで幽霊などの類は見えたことがないと話しますが、「人ってマジで死ぬんだよ。だったらせめて自分が知ってる人くらいは正しく死んで欲しいって思うんだ」と言います。

伏黒が追い求めてきた特級呪物”両面宿儺”をバケモノに食べられなかったのは奇跡だと話す伏黒。
呪物を食べるとより強い呪力が得られると言うのです。

 

ようやく手元に戻って来た特級呪物”両面宿儺”の指を伏黒に手渡そうとした虎杖でしたが、その瞬間を別のバケモノが狙っていました。
一瞬の判断で虎杖を突き飛ばし「逃げろ!」と怒鳴った伏黒。
 

その瞬間爆発のようなものが起こり、虎杖が振り返ると伏黒がバケモノに握りつぶされそうになっていました。

伏黒はそんな状況でも呪文を唱えようとしていましたが呪いバケモノにより壁にぶつけられてしまい、頼みの綱である式神(狼2匹)も溶けてしまいました。

校舎の外に投げ出された伏黒は血だらけになっていました。
そんな伏黒を追ってやってくるバケモノ。
 

虎杖はバケモノを阻止しようと奮闘します。
伏黒は「呪いは呪いでしか祓えない!お前じゃ勝てないんだ!」と言いますが、虎杖は祖父の言葉を思い出していたのでした。
「人を助けろ」という祖父の言葉を思い出し、「こっちはこっちで面倒臭い呪いにかかってんだわ!」と怒鳴る虎杖。
 

その時バケモノからの攻撃による衝撃で、が虎杖の手を離れ宙に舞います。
バケモノより早くジャンプし、口で呪物をキャッチした虎杖。

虎杖は「呪物特級呪物「両面宿儺」を食べるとより強い呪力が得られる」という伏黒の言葉を思い出し、食べることに。
伏黒の制止にも「俺に呪力があれば全員助かるんだろ!」と呪物を飲み込んでしまいます。
 

 

虎杖の変化

虎杖が死んでしまうかもしれないと恐れた伏黒でしたが、虎杖は無事でした。

が、目の下に新たな目が現れ、まるで別人のように高笑いし始めます。
どうやら虎杖の体は乗っ取られてしまった様子。

虎杖の様子を見て最悪の事態になったことに気付いた伏黒。

しかしその時虎杖の声がしました。
「人の体でなにしてんだよ、返せ」。

呪いに乗っ取られたと思いきや、実は虎杖もまだ存在していました。
1つの体に2つの別人格が宿ってしまったのです。
 

その様子を見ていた伏黒は「動くな、お前はもう人間じゃない」と言います。

キョトンとする虎杖に、伏黒は続けました。
「呪術規定に基づき虎杖悠仁、お前を呪いとして祓う!」

(呪術廻戦1話「両面宿儺 」おわり)
 
 


呪術廻戦1話「両面宿儺 」ネタバレあらすじまとめ

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
呪術廻戦 1
じっくり楽しめる漫画もおすすめ!
 
 

ふ~~~1話目から濃いねえ。
詳細は随分端折りましたが、それでも4000文字近く書いて私の指はすでにガクガクです。(大袈裟)

でも1話目から既に伏黒さんのファンになっちゃいました。
かっこいいです。

ではまた、2話でお会いしましょう~。
 
呪術廻戦2話のネタバレあらすじはこちら↓↓

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:


たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク