おすすめ漫画・アニメ

【アニメ弱虫ペダル1期28話100人の関所】ネタバレあらすじと感想|小野田が総北に追いつく

2021年3月24日

弱ペダ書かなきゃと思いつつ、色々他にも書きたいことがありずーーーーっと延ばし延ばしになってきてましたが、ようやく1期28話を書きます!

久々に1期28話見ましたが、うん、やっぱり弱虫ペダルは最高。
見てて元気になれる。

てなわけで早速あらすじいきますよー。
 

弱虫ペダル1期28話「100人の関所」ネタバレ有りのあらすじ


100人の関所


アニメおすすめ!
 
 

恋のヒメヒメぺったんこを歌いながら総北を追いかける小野田

手嶋たちから背中を押された小野田は真剣な表情で先を行く総北を追う。

そして、小野田の先に走っていた他校の選手たちを1人、2人と抜いていく小野田。

他校の選手たちは抜かれまいと頑張るが小野田はラブヒメのテーマソング「恋のヒメヒメぺったんこ」を思い出し「ヒメ!」「ヒメ!」と歌いながらも、一心に前だけを見てペダルを回していた。

コース取りもめちゃくちゃ、その上直線まで待たずに大きなカーブ中に加速して数人を抜くなど、相変わらずな小野田だが、パワーは全く落ちない。
 
 
その頃巻島は相変わらず箱根学園の荒北に絡まれていた。

「3分あれば東堂に追いつける」と言う巻島の発言に荒北は「総北のクライマーはお前1人しかいないから3分あっても東堂を追いかけることはできない」とツッコミ三昧だったが、巻島は全く諦めていなかった。

箱根学園荒北の前で「2人目のクライマーが現れる」と堂々宣言。
「役割を果たす」と言った小野田の言葉を信じ、待っているのだった。

 

が、荒北は「来ねーよ」と言う。
小野田の前には関所があるからだ、と。

道幅が狭い上にうねっているし、何より集団が小野田を阻むというのだ。
 

 

小野田は目の前の自転車集団を抜けるのか?

荒北の行った通り、実際小野田は目の前の集団に絶望していた。

数メートル、数十メートル先も選手で道が埋まっている現実。

道の両側ぎっしり選手で埋まっていて抜くスペースがないのだ。
 

どんどん落ちていくスピードにも不安を感じざるを得ない状況だったが、今泉や鳴子のことを思い出し、ふと表情が変わる小野田。
こういう時は頭で考える前に行動する必要があるのだ。

ふと、側溝の、ギリギリコース内を走って集団を抜く案を思いついた小野田。
そのギリギリの部分までわざと滑り落ちてから細い細いその場所を走って集団を抜いていく。
 

そんな小野田に他校の生徒もびっくりで、「大丈夫か?」などと声をかけてくれている。
「大丈夫です」と答えながらも先を急ぐ小野田。

ようやく道にゆとりができ、道路に戻った時には前にいるのは残り5人となっていた。
 

この5人を抜けば100人抜き達成!
俄然やる気になった小野田は1人、また1人と抜いていく。

が、最後の1人はなんと京都伏見の御堂筋翔(今泉の天敵)だった。

 

 

小野田が抜かなければならない100人目は京都伏見の御堂筋

御堂筋の不気味な笑みに表情が曇る小野田。
「うちのザクがせっかくメイン集団コントロールしとるんやから、勝手に飛び出されたら困る」とニヤつく御堂筋。

小野田は頑張って突破しようとするも、御堂筋の異様な圧にひるみそうになってしまう。

それでもなんとか御堂筋を振り払おうと全力でペダルを回す小野田と、くらいついてくる御堂筋は集団を大きく引き離しつつある。
 
 
御堂筋はめちゃくちゃ速く、小野田が全力を出してもまったく抜けない。
それどころか、御堂筋はいきなり前傾姿勢になったかと思うととんでもない速さのダンシングを披露。
小野田を圧倒する。
 

それでも小野田はチームメイトのみんなの顔を思い出し、なんとか気合いを入れ直し。
先に行く御堂筋を一気に抜き去ったのだった。

 

 

小野田がついに総北高校自転車競技部の部員たちに追いつく

自分の役割のためにペダルを回す。

ふとコースの先を見ると、ついに総北のチームメイトの姿が見えた。
ホッとしたような笑顔の小野田の目には涙。

小野田の到着を待っていたチームのみんなも嬉しそう。

「すみません、皆さん!今追いつきました!」と小野田が笑顔で叫ぶと、巻島がギアチェンジする。
「よく来たぁ、坂道ーー!!」巻島は嬉しそうに叫ぶと、一気に加速して去って行った。

 

ようやく追いついた小野田を鳴子や田所が温かく迎える。

小野田は金城の隣に行き、遅れたことを謝罪するが、金城は小野田の背中をポンとたたき、巻島の代わりにチームを引くよう指示。
小野田は無事役割を果たすことができたのだった。

東堂を追いかける巻島は、金城に小野田への伝言を頼んでいた。
「お前がクライマーであること、落車というトラブルを乗り越えここまで来てくれたこと、ありがとう」という言葉を伝えられる小野田。
 

巻島は、小野田が自転車競技部に入部してから、峰ヶ山レース、個人練習などさまざまな場面で小野田の頑張りを見て、次第に期待するようになっていたのだった。
 

巻島は、金城に小野田がクライマーかもしれないと興奮気味に話したことを思い出していた。

そして今、巻島はチームのことを小野田に任せ、東堂との対決に向けて山道を加速していくのだった。
 
 
(アニメ弱虫ペダル1期28話おわり)

 
前回弱虫ペダル27話のネタバレあらすじはこちら↓↓

 

 

アニメ弱虫ペダル1期28話の感想

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
弱虫ペダル 11

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
弱虫ペダル 12
 
 

巻島を挑発しまくりの荒北が面白い

初めて見た時は、なんだこの男、って思ってたんですよ。
性格悪そうやな、って。

でも今は好きなキャラベスト3の中に荒北が入ってるので、彼の煽りが面白くて 笑

口悪くて目つき悪くて、これでこそファファ北様!
 

 

御堂筋がキモさ爆発!

御堂筋、相変わらず「キモ、キモ、キモ!!」とか言ってましたけど、あんたの方がヤバいって。
しかもチームメイトをザク呼ばわりするなっての笑

とはいえ、登りの小野田があれだけペダルまわしても一時追いつけなかった御堂筋君、素行は悪いけど実力はあるんだよねえ。

なんとも複雑。

 

 

巻島の予想通りきっかり3分で総北に追いついた小野田

小野田、すごいね。
3分で100人って。

総北のチームメイトたちも皆小野田くんを信じて待ってる感じがとても良かった!

そして巻島さんの回想シーン。
巻ちゃん、小野田がクライマーかもしれないとわかったとき、あんなにはしゃいでたのね。
なんか私までジーンとしてしまった~。

私はやっぱり巻島さんと小野田の組み合わせが大好き。
良い先輩と良い後輩だよねー!

 
 
さあ、巻島さんは無事東堂に追いつくことができるのか?(ドキドキ)

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ,

Author:


たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク