おすすめ漫画・アニメ

鬼滅の刃 無限列車編 アニメ第4話侮辱| ネタバレあらすじと感想|温厚炭治郎を激怒させる魘夢の回

鬼滅の刃 無限列車編 アニメ第4話「侮辱」ネタバレありのあらすじ


劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(通常版) [Blu-ray]

 

炭治郎の心の化身

炭治郎の夢の中に入っていた青年は、炭治郎の心の化身と手を繋いで歩いていました。
澄み切った青空の中を歩いていくと、そこにあったのは精神の核。

自分が探していたから連れて来てくれたんだと理解した青年は、自分がやろうとしていたことを思い、泣きだしてしまいました。

 
その頃、炭治郎は自らの首を斬っていました。
斬った瞬間、青年のいた澄み切った世界の地面に大きな穴が出現し、青年は落ちていきます。

すると、化身の1つが青年の手をつなぎ一緒に落ちてくれたのでした。
 
 

炭治郎が目覚める

炭治郎の夢の中に入った青年と違い、善逸と伊之助の夢の中に入った人間2人は苦労を強いられていました。
そんな中、ようやく目覚めることができた炭治郎。

禰豆子との再会も束の間、炭治郎は自分以外の人が寝ていることに気が付きます。
そして、善逸たちの手首に縛られている縄で繋がっている知らない人間たちの存在にも気付く炭治郎。

ふと自分の腕を見ると、炭治郎についていたと見られる縄は焼き切った跡がありました。

そして縄についた鬼のニオイが切符にもついていることに気付いた炭治郎。
切符を切った時に眠らされたことまで理解します。

 
炭治郎は善逸たちの縄を日輪刀で斬るのではなく、禰豆子に焼き切ってもらいます。
そして自分は善逸や伊之助を必死で起こそうとしますが、彼らはぐっすり眠っていてまったく起きる気配がありません。

 
その時、煉獄さんとつながっていた女子が突如炭治郎を襲おうとします。
伊之助、善逸と繋がっていた人たちも目を覚まし、彼女の側へ。

炭治郎は最初鬼が人間を操っていたと思っていましたが、彼女たちの意志でやっていたことがわかり驚きます。

そして、女子の発言から、自分と繋がっていた青白い青年が病気だということを知り、かわいそうに思う炭治郎。

人の弱みに付け込む鬼に強い怒りを抱きます。

 
炭治郎は、敵意をむき出しにする人間たちに「ごめん。戦いに行かなきゃいけないから」と謝り、軽い手刀で気絶させます。
そして悲しそうな顔で「幸せな夢の中にいたいよね。わかるよ」と声をかけます。

 
そんな炭治郎を見つめる、炭治郎の夢の中にいた青白い青年。

青年は、病気の苦しみから逃げられるなら人を傷つけてもいいと思っていました。
でも炭治郎の夢の中に入り、炭治郎のやさしく澄み切った心に触れ、考えが変わったのでした。

炭治郎は自分を見つめる青年に気付き、「大丈夫ですか」と声をかけます。

青年は嬉しそうにお礼を言い、「気を付けて」と炭治郎に言います。

炭治郎は一瞬驚いたような表情を見せたものの、笑顔で返事をし、戦いに向かうのでした。
 
 

魘夢と炭治郎がご対面

ニオイを頼りに列車の外に出る炭治郎。
列車の上に上がります。

すると、魘夢が手を振って迎えてくれました。

起きてここまでやって来た炭治郎を煽り始める魘夢。
「今度父親が生き返った夢を見せてやろうか」と笑顔で話す魘夢に炭治郎の怒りが膨れ上がります。

刀を抜こうとする炭治郎の耳元を見て、魘夢は耳飾りに気が付きます。
そして、「これで無惨様にもっと血を分けてもらえる」と大喜び。

 
炭治郎が水の呼吸 拾ノ型生生流転で攻撃を開始しようとすると、魘夢は血鬼術強制昏倒催眠の囁きで対抗。
「お眠り~」と言いながら術をかけます。

炭治郎は一度ふらりと倒れそうになりますが、持ちこたえます。
 

「なぜ術にかからないのか」と意外そうな表情をしながらも魘夢は何度も何度も「眠れ、眠れ・・」と術をかけ続けます。
しかし一度も倒れることなくどんどん近づいてきている炭治郎。
 
 

途中で魘夢は気付きます。
術にかかっていないのではなく、何度も覚醒のための自決をしながら戦っているのだと。

それに気づいた魘夢は炭治郎に夢を見せます。

炭治郎の家族の夢でした。

夢の中で六太が「なんで助けてくれなかったの?」と大泣きし、竹雄は炭治郎を責め、花子は炭治郎の腕をつかみながら「自分だけ生き残って・・・」と言います。

そして父は炭治郎を役立たず呼ばわりし、母は「あんたが死ねばよかったのに」と発言。

 

魘夢は家族思いの炭治郎に恐ろしい夢を見せて絶望させようとしていたのです。
ところが炭治郎は心が折れるどころか、本気で怒っていました。

大切な家族を侮辱されたことが許せなかったのです。
「俺の家族を侮辱するな!」と大声を上げながら魘夢の首を斬り落としたのでした。

 

魘夢はまだ生きていた

しかし、炭治郎は手ごたえがないことに気付きます。

炭治郎の思った通り、魘夢はまだ生きていました。
魘夢はとつぜんろくろ首のような姿になり、話し始めます。

なんと魘夢は炭治郎たちが眠っている間にこの列車と融合していたのです。
そして200人の乗客たちは謂わば人質みたいなもの。

魘夢が消えた後、炭治郎はどうやったら乗客を守りながら魘夢を倒せるか必死で考えます。

その頃、禰豆子に焼かれた伊之助がようやくお目覚め。
寝起きとは思えないほど絶好調なのでした。

 
(鬼滅の刃無限列車編 アニメ4話おわり)

 
前回3話のネタバレあらすじはこちら↓

 

 
 

鬼滅の刃無限列車編アニメ4話感想

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】
鬼滅の刃 7


今回のストーリーは漫画7巻で!

 

魘夢の話し方がすごく好き!声優の平川大輔さん最高

魘夢、嫌なヤツやなあ。
性格悪すぎ!!

でも、あの喋り方が好きで聞き入ってしまう・・・。

魘夢を演じているのは平川大輔さんという声優さんらしいんですが、ほんっと魅力的。
耳に残る声と話し方で、ついつい真似して喋ってしまうぐらい。

 
今完全にマイブームなのでしばらくは魘夢みたいな声&話し方になります。
私のリアル知り合いは覚悟して。
 
 

炭治郎をブチ切れさせる魘夢くん

炭治郎がめちゃくちゃ怒ってましたねー。

あんなことされたら当たり前だけど、それでもあの温厚な炭治郎があれだけ怒るとはね。
(魘夢のクズっぷりよ)

しかし魘夢くんは列車本体になったっぽいので、炭治郎と伊之助でもなかなか手ごわいのでは。
続き、気になりすぎる。

マジで続きが見たいのでここで一旦終わりますね。
(あ、病気の青年と炭治郎が心を通わせたシーンは良かった!!)
 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:


たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク