おすすめ漫画・アニメ

女神降臨103話が気になるが韓国語がわからないので勝手にストーリー想像してみた

2020年4月28日

ようやく、女神降臨の103話が更新されました。(今回遅くなかった?)
早速見たんですが、やっぱり韓国語わからないとキツイ。

何言ってんのかさっぱりわかんないわ。

でもまたカモ子なりに想像してみたので書いていきますね!

韓国語知らない私が女神降臨の103話を勝手に想像しつつ先読み


女神降臨 1 (LINEコミックス)

 
 

神田がアメリカへ

金髪「おい、神田」
神田「??」
金髪「気分転換にアメリカ行こう。」

少し驚いた顔の神田と心配そうな表情の金髪。

「私あっちで仕事あるの。だから神田は暫くの間向こうの学校に通ったらいいわ」

 

キーーーン(飛行機の音)

飛行機で着いた先はアメリカ。

金髪は現地のアジアメディアからインタビューを受けたりして多忙だが、神田は一足遅い大学生活。

 

 

神田に新たな出会い

春。
ニューヨークの大学のキャンパス内を歩いているとアジア系女子が声をかけてきた。

黒髪女子「あの。ペン、落としましたよ」

神田「あ、ありがとう」

黒髪女子「私、あなたのこと、前からかっこいいなって思ってて・・」

神田「そういうの、興味ないんで」

黒髪女子「あ・・・・」

 

神田、背を向けて歩き出すが何かを思い、ふり返る。

 
神田「良かったら、映画でも見に行く?」

黒髪女子「ぜひ!!」

 
 
”そして俺たちは付き合い始めた”

 
 
映画館にて

黒髪女子「私の私服、どうですか?」
神田「いや、別に」

 

 
黒髪女子「ホラー映画は好きですか?」

神田「ホラーは・・・」

黒髪女子「私、見かけによらずホラーだーい好きで・・・」

黒髪女子「見えないでしょ?女子でホラー好きなんてめったにいないですよね!」

神田「・・・」

黒髪女子「(チケット買いながら)「21日後」を2枚!」

 
 
 
数か月後・・・・

女子の声「デート?!」
 

神田ふりかえると黒髪女子と友達が談笑している

 

女子1「こないだの合コンであんたモテてたもんね~」

黒髪女子「やぁだ~そうでもないって」

女子2「知ってる?相手、めちゃくちゃお金持ちだよ」

黒髪「そうなの?お金持ちかどうかは知らないけれど付き合ってほしいって」

黒髪「神田くんはかっこいいけど冷たいから乗りかえちゃおっかなって」

 

神田、ため息をついて立ち去る

 

 

神田が一時帰国を決意する

 
父が入院している病院にて
 

医師「え?故郷に戻る?」

神田「はい。父はまだ目覚めないし、僕がいてもあまり役に立たないので・・・それにまだ向こうで片付けなきゃいけないこともあるし、病院に入る準備をする前に色々と・・・」

医師「(ペンを止めて)病院って何のこと?」

神田「僕、将来的に病院で働こうと思ってるんです」

 
 

空港から飛び立つ神田。
十数時間後には懐かしい故郷の街へ到着。

神田タクシーを降りる。
目の前には麗奈と出会った本屋だが、もうすでに潰れてしまっていた。

 
次の行き先は高校。
母校を見下ろしながら物思いにふける神田。

 

高校を後にして夜の街を歩いていると、前から麗奈が歩いてくるのが見えた。
神田、ビックリ顔。

 
”辛そうな表情の谷川は、自分に気付くことなく、その場にしゃがんで泣き始めてしまった”

 

麗奈の前で片膝をつく神田。
二人が数年ぶりに再会を果たした瞬間だった。

 

自宅の高級マンションから街を見下ろす神田だったが、あの時麗奈がなぜ泣いていたのか、そればかり考えてしまうのだった。

 

数日後、楓のお墓をまいりにいくと、五十嵐と神田、楓の3人でとったプリクラが飾られているのに気づく。

 

五十嵐に帰国の連絡をすると差し入れを持って会いにきてくれた。

 

五十嵐「実は俺、春から麗奈とつきあってる」

衝撃的な報告に一瞬だけ目を丸くする神田だったがすぐに「おめでとう」と祝福。

心の中で、「何年も経ってるもんな、当然だよな。俺なんかより、谷川には悠の方が合ってる。悠の方が・・」と言い聞かせる神田。

 

 

夜。麗奈の自宅アパート。

 
麗奈は浮かない顔で友達にLINEの返信をしていたのだった。

 

(女神降臨103話終わり)

 

 
前回女神降臨102話の想像あらすじはこちら↓↓

 

 

女神降臨最新話103話!韓国語わからないので勝手に想像!感想

元々韓国の漫画で舞台も韓国のはずなのに、日本版ではわざわざ登場人物の名前も変え、設定も日本にしてるもんだからつじつまが・・・。
日本版女神降臨ではその辺うまくつじつま合わせもしてくるのかもしれないけれど、こうやってオリジナル韓国版で見てるとややこしくて。

なにせ神田はアメリカにいたはずなのに、ここでは金髪と共に飛行機でアメリカに行ってるんだからね。
どないやねん。
 

ちなみに、英語版の方では高校卒業前に神田が引っ越した先は日本ってことになってるんだよね。
そしてしばらくの間アメリカにいたという設定なんだけど、韓国語版でもそうなのかな?

てか色々読んでると混乱してくるーー。
特に今日寝不足なのであまり頭まわってないかんじよ。

 
とにかく、神田はアメリカ時代もモテてたけれど本気になれる相手はいなかったって感じなのかな。
 

それより神田がアメリカ行ってからずっとそばにいるあの金髪は何者なんだ!
彼女ってわけじゃなさそうだし、神田のお父さんの事情とかも知ってそうだし、誰やねん。

 
韓国語わからないと、やっぱり想像力だけじゃ難しいねー。
まあ、想像しながら読むしかないんだけど。

次はどうなるかな。
ワクテカ。

 

 
次回女神降臨104話妄想あらすじはこちら↓↓

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク