おすすめ漫画・アニメ

【バキ】アニメ4話ネタバレあらすじと女子目線の感想!シコルスキーの攻撃えげつない

2020年6月14日

やっほーカモ子です。
なんだかんだ言いながら4話まで見てしまったアニメ「バキ」。

ちょっと前まで「『バキ』って何よ!変な名前―」なんて名前に突っ込み入れてたのにねえ。
今ではオープニングを口ずさんでしまう自分がいます。

自分でもビックリよ。

 
では早速あらすじネタバレから行きまーす。

 

アニメ「バキ」4話死闘開始!ネタバレあらすじ


死闘開始!!


バキ4話「死闘開始!!」はAmazonで見えるよ!
 

バキや愚地たち5名と死刑囚5名の顔合わせ

トーナメントについて説明する徳川光成氏。

向かい合って立つ日本人の格闘家5名と、死刑囚5名。

愚地独歩・・・実践空手・神心会の創始者。武神の異名を持つ。現在神心会を離れて修行中。
花山薫・・・15歳で花山組組長を襲名。武器を持たず訓練しないことを信条とする日本一の喧嘩師。

と紹介した後に、トーナメントを制したのは若干17歳のバキだったと徳川氏。

死刑囚の5名がバキをじっと見つめる。

バキ、眠そうな顔をしていたが突然ハッとした表情を見せる。(トクン・・)←バキの胸の鼓動

 

徳川氏は続けて「ここにいる5名は優勝者から5人を順に選んだものではない。試合というよりは実戦。それも日常生活においていつ何時起こるか予測不能、そんな突発的な戦闘でこそ持ち味を発揮する、そんなタイプの武士5名をセレクトしたつもりじゃ」と言う。
 

さらに、死刑囚5人が敗北を知りたがっていることについて、「ここにいる5名ならだれもが君達に望むものを与える力を持つだろう!いかがかな?」と尋ねる徳川光成くん。

 

そこにバキが口を挟む。

「あの~。一体何の話だよ?実戦とか日常とかいろいろ言ってるけどさ。いつ俺達が戦うっつったよ?大体・・・」と容赦ないツッコミをしていると、眼帯キャラ愚地が「この場でおっ始めるのかい?」と被せるように発言。

すると他のメンバーたち(日本人サイド)も次々に発言。

バキ以外はやる気満々のようだ。

 
結局、場所も時間も相手も何もかも自由、特にルールなしで始まったこの戦い。

 
するとすぐに大あくびをし「じゃあ帰るわ俺。明日早いんだ。おやすみー」と帰ってしまったバキ

徳川氏も「とりあえず試合開始ということで・・・解散しますか」と一旦解散宣言し、お開きとなったのだった。

 

 

顔合わせ後は・・・ドリアンと独歩の対決!

コロシアムを後にしたシコルスキー君、1人でニヤついていた。
「あんな素敵な5人の誰とやってもいい、全員喰っちまうってのもいいなあ!
嬉しそうなシコルスキーであった。

 

スペックは”I’ll be back soon”と置手紙を残し抜け出していた留置所に戻りグーグー睡眠中。
毎度のお騒がせで警察官をイラつかせていた。

 

そして愚地独歩はドリアンと一緒に歩いていた。
 

愚地独歩「目で分かったぜ。ビリビリきたよ。アンタ俺に惚れてる」
ドリアン「すまない。すぐに声をかけてもらって」

 

談笑しながら歩いていると、烈海王が2人の前に立ちはだかった。
(そういえば前回烈海王はドリアンに鼻毛攻撃とか食らっちゃったんだよね!)
 

烈がが「ここで始められぬ理由はないな」と言うと、独歩がやれやれと言いながら突然ドリアンに攻撃。

ドリアンが両ひざを地面につけると「すまんな、烈。先にやらせてもらったぜ」と独歩。
烈海王はムスッとした表情。

 

 
するとここでドリアン君が反撃開始。
前回と同じアルコールファイアー攻撃だ。

しかし独歩は受け技の最高峰、まわし受けで対応。
独歩には炎攻撃は効かないようだった。

 

 

一方シコルスキーの前に現れたのは、彼に顔面カットされた猪狩だった。
さらには猪狩の部下(?)も2人。

3人でよってたかって殴る蹴るの暴行。
シコルスキーは地面に倒れてしまう。
 

その上、猪狩の子分の1人が食べていたキャンディを口に入れられてしまうシコルスキー。
(哀れ)

あっさり倒された挙句道場に運ばれることになったシコルスキーだったが、こっそりとニヤつくのであった。

 

 

独歩VSドリアン

さて、独歩とドリアンはまだ向かい合っていた。

突然ドリアンが動いたかと思うと、次の瞬間独歩の腕が切れ、地面に落下
 

繊維(糸)で切ったと説明するドリアン。
今回使用したのはアラミド繊維とチタニウムを焼結させた逸品だという。
 

細く丈夫な繊維に関する最新情報を科学者の次に入手するのはマジシャンというのが常識とされているがそれは事実と反する。
現実は我々無法者がマジシャンより遥か以前にサイエンティスト達と闇取引を済ませている、1mを数万ドルという相場でね」

この繊維は防弾チョッキや宇宙飛行士の命綱に使用されている傑作なんだとか。
 
 

独歩は昔竹を使って行っていた貫き手の稽古の大変さについて語り始めた。

指の脱臼と骨折に悩んでいた時、「いっそ指なんか全部なくなっちまえばいい。そうすりゃ思いっきりブチ込めるって」と思っていたと告白し、突如切られた方の手で顔面パンチ!!

 
ものすごい威力のパンチに鼻と口から血を噴きながら倒れるドリアン。

独歩は「夢が叶ったぜええ」とニヤリ。

吹っ飛ばされたドリアンがようやく体を起こした時には独歩は既にいなくなっていたのだった。

 

 

シコルスキーのえげつない反撃!

道場に連れて行かれたシコルスキーさんは、突然猪狩から銃を6発も撃ち込まれる。
これには子分の二人もびっくり。

まったく動かなかったシコルスキーだったが、猪狩りに「このタヌキがぁ!いつまで役者こいてんだコラァ!」と言われると何事もなかったように動き出す。
 

そして、反撃開始。
まず、飴食べてた子分に攻撃を加える。

額と鼻の下を殴ったと思ったら数秒後にそれらの部分がぱっくりと開き、飴玉がこぼれる。
血液が付着したまま飛んでいく飴玉・・・。

 
さらに首から大量出血。

 

そして次に向かってきたもう一人の子分もあっという間にやられてしまう。

 
それを見ていた猪狩、両手を上げ「負けだ、俺の」と一言。

敗北のベストオブベストである土下座を披露し、見逃してくれと懇願する猪狩だったがふと見るとシコルスキーが床に身を投げ出していた。

「土・下・寝・・・?」とつぶやく猪狩。

 

シコルスキー、顔を上げると
「自分の事ばっかり~!!仲間の仇を討とうなんて気はさらさらない」と言い、猪狩に容赦なく攻撃を始める。

重量挙げで使うバーベル(?)のようなものを猪狩に向かって投げつけ、さらにはダンベルを大量にぶつける。

動かなくなった猪狩のところに行き、頭の上から放尿する悪趣味なシコルスキーさん。
最後の力を振り絞り、何かをしようとした猪狩りにまたもや一撃食らわせると、猪狩の首からシャワーのように血が噴き出した。

スプリンクラーのように血液放出する猪狩を残し、シコルスキーはあくびをしながら去って行ったのだった。

&nbsp:

 

バキは松本梢江ちゃんと初デート

バキは、女の子と歩いていた。

彼女は松本梢江。
バキの下宿先の大家の娘で、同じ高校に通っている。

今回は2人の初デートだった。

途中チンピラグループに絡まれる二人。
彼らはナイフを持っていたがバキの眼力に思わずひるんでしまう。

バキは「通るよ、いいね」と見逃してやる。

 

 

ファミレスで食事をしたり、ショッピングしたりお茶したりして楽しい時間を過ごす二人。

 

暗くなり、公園を歩く二人。
バキが彼女の手を握ると、「痛い」と顔をしかめる梢江ちゃん。

慌てて手をはなすバキだったが、梢江が握り返してくれる。
最高に幸せな時間を過ごすバキたち。

 

しかし幸せな時間は長くは続かない。
バキたちの後ろではスペックが白目剥いてニヤニヤ笑いを浮かべていたのだった。

 

(アニメ「バキ」4話おわり)

 

前回バキ3話のあらすじと感想はこちら↓↓

 

 

女子目線!バキ4話の感想


バキ(4) (少年チャンピオン・コミックス)

 

仲良くなったかに見えた独歩とドリアンの戦いにドン引き

コロシアムを後にした独歩とドリアンが二人で歩いてた時はびっくりしました。

愚地独歩「目で分かったぜ。ビリビリきたよ。アンタ俺に惚れてる」
ドリアン「すまない。すぐに声をかけてもらって」

という会話にもびっくり。

 

でもそれより驚いたのが、本当に唐突に始まった戦い。
あんなに楽しそうに会話してたのに、いきなりだよ?

その上、腕を切り落としたり、手が無くなった腕で顔面パンチしたりとなかなかのグロさ。
ドン引きだよ!!!

 
でもドリアン君、まだ平気そうだったよね。次が怖い。

 

 

シコルスキーの切り技はマジでやめてほしい

前回もひどかったけど、今回もひどいねーシコルスキー君。
大体ね、飴食べてるような弱っちそうな男に攻撃加えないでよーー。

出血がひどすぎて何度目を背けたか。
血がついてるキャンディーが飛んで行ってる演出とかマジやめてwww
 

とはいえ、土下座猪狩の前で土下寝してるところには笑ってしまったけど。
シコルスキーちょっとお茶目だね。

でもその後が容赦なさすぎでまたドン引き。

シコルスキーは注目すべき人物かも。

 

 

初めて女の子キャラ出てきたーー!!梢江ちゃん!

モサイおじさんばかりでお腹いっぱいになってたんですが、ようやく女の子でてきましたーー嬉しい!!!
ちょっぴり男顔の女の子ですが、デート中の様子は可愛いねえ!!

ごはん食べたり服選んだり、なんだかバキとお似合いの梢江ちゃん。

しかも夜の公園ではバキと手をつないじゃったり。
(バキが女の子とデートするイメージがなかったので少々びっくりしたけれど)

後ろからスペックが白目で迫って来てて危険だけど、どうかバキと幸せになってほしいわ。

そして、女子としてはたまにはこういうときめき要素があると気分上がります。
もっとこういうシーンも増えますように!!
 

 

バキ4話まとめ

今日はシコルスキーと梢江ちゃんが見どころでしたね。
シコルスキーが出る度に激しい流血騒ぎになってちょっと嫌なんですが、5話も多分見ます。

 

次回バキ5話ネタバレあらすじと感想はこちら↓↓

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク