おすすめ漫画・アニメ

女神降臨126話が気になるが韓国語がわからないので勝手にストーリー想像してみた

やばーーーい。
最近時の流れがめちゃくちゃ早く感じる!!

しかも先週は実家でのんびりまったり過ごしてたので女神降臨126話もちゃんと読めてなかった~~。

ってことで今慌てて書く女神降臨126話想像ストーリー。

今回も重い・・・
 

女神降臨126話を先読み!韓国語がわからないので想像力でカバー


女神降臨 2 (LINEコミックス)

↑コミック2巻は神田俊が表紙!かっこいい

 

麗奈に降りかかったショックな出来事

麗奈(別れなきゃならないなんて・・・)

芸能事務所スタッフ「それじゃ私はこれで」

事務所スタッフが席を立って行ってしまってからも震えて動けない麗奈。
突然のことに涙が止まらない。

麗奈(恐れていたことが現実になってしまった・・!!)

 

 

麗奈の姉も悩む

五十嵐君が所属する事務所、STエンターテイメント。

麗奈姉「え?麗奈に会った?」

スタッフ「はい、事後報告になりましたけど上からの指示で妹さんに会って来ました」

ため息をついて椅子に座る麗奈姉。
 

仕事用のメールを開くと、同じ件名のメッセージが大量に届いていた。

その1つを開くと麗奈のインスタグラムのスクショが添付されているものが。
五十嵐君と麗奈の関係を疑っている人物からのメールだった。

麗奈姉「どうしたらいいの・・・」

 

その時上司がやってきた。

上司「これだけ五十嵐との仲を疑われてしまうとこちらとしてもこういう手段に出るしかなかった。五十嵐の彼女がお前の妹というのは最近まで知らなかったんだが」

 
ため息をつく麗奈姉。
デスクに置いてある姉弟3人の写真を眺める。

麗奈姉(麗奈がやっとつかんだ幸せだったのに・・・残酷すぎる・・・)

 

 

その日の出来事を五十嵐君に伝える麗奈

その夜、麗奈と五十嵐君は会う約束をしていた。
待ち合わせ場所で嬉しそうに麗奈の名前を呼ぶ五十嵐君。

五十嵐「麗奈!」

麗奈は浮かない表情で今日会った五十嵐君の事務所の男性の名刺を見せる。

五十嵐「これ何?」

麗奈「今日、悠君の事務所の人に呼び出されて、悠君と別れろって言われたの・・」

驚く五十嵐くん。

五十嵐「なんだよそれ!!!そんな話全く聞いてないんだけど・・俺の知らないところで麗奈に連絡とって別れるよう迫ったってことか。
麗奈、そんなの気にする必要ないから!な?わかってるよな?」

麗奈「本当にそう思ってる?」

五十嵐「え?」

麗奈「私・・邪魔かもって・・」

五十嵐「おい、麗奈!なんで急にそんなこと言い出すんだよ!麗奈のことが邪魔になるなんてあるわけないじゃないか・・一体なんで・・」

麗奈「悠君これから有名になるんだよ・・本当にそうやって言い切れる?そのうち私のことが不要になるかも」

五十嵐「不要になんてなるはずない・・・言い切れるよ・・俺は麗奈だけが大事なんだ」

麗奈を抱きしめながら言う五十嵐君。

 
麗奈はなんとも言えない表情。

 

 

麗奈と五十嵐君に関するネット記事

夜、自宅で麗奈は泣いていた。

麗奈(どうして・・!)

(私は普通に幸せになりたかっただけ・・こんなの望んでなかった・・なんで・・・)

五十嵐君との楽しかった時間を思い出して号泣する麗奈。

 

そこに望帆からメッセージが届く。

「これ見た?」と送られてきたのは記事のリンク。

開いてみると、五十嵐君と麗奈のSNSの似通った投稿画像が紹介されていた。
同じカフェで撮った写真や、五十嵐君の付けているピアスを麗奈が手作りする様子など。
 

そしてその記事は二人に対するアンチコメントで溢れていた。

大量についていたアンチコメントを読んで固まる麗奈。
 

麗奈、望帆に返事する。

麗奈「なにこれ・・全然知らなかった」

望帆「こんなことになるなんてね・・私もこれ見てびっくりしたよ・・」
「でもファンの気持ちを逆撫でする投稿はやめたほうがいいかもね。五十嵐君にも相当批判の声が届いてるんじゃないのかな?」

 

耐えられなくなった麗奈は姉の部屋に行く。

麗奈「あの・・・」

「麗奈、しっかりしなさい!!」

麗奈「でも、どうしたらいいかわからないよ・・私はどうしたらいいの・・」

姉「あのね、悠が歌手になるって決めた時点でわかってたことじゃない・・あんたも覚悟してたんでしょ」

麗奈「そんなの・・無理だよ・・・覚悟なんてない・・」

震えながら涙をボロボロ流す麗奈。

姉「泣いちゃダメ!!!」

姉「ほら、涙拭いて・・・少し休みなさい」

 

 

心がズタボロの麗奈

翌日、STエンターテイメントがSNS上で五十嵐君に関する記事はデマだというコメントを発表。
しかしファンからは心無いコメントがたくさん書き込まれた。

それらのコメントを無表情のまま目を通す麗奈。

 
そこに母が入って来て買い物に行ってくるように言う。

麗奈は言われたまま、スーパーへ。

スーパーで品物を選びながらも麗奈の心は五十嵐君とのことでいっぱいだった。
涙がこらえられない。

 
その時神田君が麗奈の後ろを通りかかった。
すぐ麗奈に気付き思わず笑顔になる神田君。

しかし、麗奈が涙を流していることに気付き、ハッとする神田君であった。

 

(女神降臨126話想像ストーリーおわり)

 

前回女神降臨125話想像ストーリーはこちら↓

 

 

女神降臨126話想像ストーリーの感想


女神降臨 2 (LINEコミックス)

 

STエンターテイメントの人たちは麗奈と麗奈姉の関係を知ってるのか?

麗奈に会った事務所の男性、オフィスに戻ってから麗奈姉に話しかけてたけど、この人って麗奈と麗奈姉の関係を知ってるんだろうか?
一応妹のことだから麗奈姉にも報告?

それとも麗奈姉は単に「五十嵐の彼女に会って来ましたよ」って報告受けてただけ?

その辺りがよくわかんないです。
 
 

麗奈姉がデスクに飾ってる写真・・麗奈ドスッピンだけどいいの?

上司に、麗奈と五十嵐君のことでなにやら言われた後、デスクの上の写真を眺めていた麗奈姉ですけど・・・

ちょ!!この写真の麗奈、ドすっぴんだけどいいの?!?!

もし事務所の同僚たちが麗奈と麗奈姉の関係を知らないのであれば問題ないだろうけど、「五十嵐の彼女=谷川麗美の妹」って皆知ってるんだったらマズイのでは・・・?

ちょっと心配になってくるわ。
 
 

望帆は友達思い?それとも?

望帆がわざわざ麗奈に送って来たのってアンチコメントですよね?
それを読んだ麗奈が落ち込むのは明らかなのにわざわざ送らなくてもいいのにーーーーって思ってしまいました。

まあ、望帆は高校の時から麗奈と友達してるわけだから、親切心から麗奈に知らせてあげたのかもしれないけれど、あんなの目にしてしまった麗奈がちょっとかわいそうでした。

あんなことがあったばかりだから余計にタイミング悪いよね・・。
てか、麗奈が100日記念日に五十嵐君にあげたピアスって手作りだったんだね!器用!

 
 

神田君と偶然会いすぎ!笑

麗奈と神田君、偶然出会いすぎじゃないですか?!

何かある度ばったり出会ってる気がする。

シリアスなシーンだし、麗奈に感情移入しちゃってすごく落ち込み気味で読んでたはずなのに、神田君が現れた時には思わず笑ってしまったわ。

これって神田君がかけよって慰めるパターンなのかな?
127話が気になる!!

 

女神降臨126話想像ストーリーまとめ

麗奈が泣きすぎで可哀想になってきました。

五十嵐君も苦しいだろうな。
そして読んでる私も苦しい・・・。

127話早く読まなきゃ!!

ではまたー。
 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

おすすめ漫画・アニメ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク