有名人とか

ロストワールドでサラ役女優ジュリアン・ムーア|現在の活動やプロフィール・インスタなど

2021年9月6日

ジュラシックパークの続編、ロストワールドに出て来る「サラ」。
マルコム博士の恋人です。

勇敢で明るく、美人で仕事熱心なのは素晴らしいけれど、お騒がせ要素もある女性。
(悪い言葉でいうと「クズ」)

そんなサラを演じた女優、ジュリアン・ムーアさんのプロフィールをご紹介~!
 

先に「サラ」の説明から入るので女優さん情報が早く見たい方はスクロールよろしくお願いします

ロストワールドのサラって誰?!「嫌い!ウザい!クズ」という声多し


ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(字幕版)

 

サラとは、ロストワールドで準主役を張っていた女性。
我らがマルコム博士の彼女として出て来ています。

好奇心旺盛で、勇敢、正義感の強い魅力的な女性ですが、彼女がやる気を出すとろくなことが起こりません。
 

恋人であるイアン・マルコム博士に黙って恐竜の島に行った上に、自分勝手な行動で仲間を危険な目に遭わせる ”やらかし系女子”。
「危険な目」と言っても、ちょっと怪我したとか、ちょっと恐竜に追いかけられたとか、そんなもんじゃありません。

 
彼女の行動がきっかけで人が死にます。
それも多数。

 
そのせいでネットで「ロストワールド サラ」と検索すると「クズ」「むかつく」などの辛辣な言葉があがってきます 笑
本人は至って悪気はなく良かれと思ってしているのでアレですが、ちょこちょことやらかすので見てるこっちがハラハラ。

お騒がせ女子ですね。

これもきっかけはサラとニック。汗

 

自分がやらかしたと思ってないところが見てる人をイライラさせるんだよね

 

ロストワールドでサラを演じたジュリアン・ムーアのプロフィール

本名 Julie Anne Smith
生年月日 1960年12月3日
国籍 アメリカ・イギリス
学歴 ボストン大学
活動 1981~

 

生まれはノースカロライナ州フォートブラッグ。
3人姉弟の一番上である。(弟は小説家のピーター・ムーア・スミス)

母親はスコットランドからの移民で精神医学ソーシャルワーカー、父親は陸軍法務官。

父の仕事の都合で子供の頃からアメリカ国内外を転々としていた。
アラバマ、ジョージア、テキサス、パナマ、ネブラスカ、アラスカ、ニューヨーク、バージニアなど。

そのため全部で9つの学校に通った。

引っ越しを繰り返しすぎて友達作りには苦労したらしいよ

高校生の頃は西ドイツに住んでいたジュリアン。
聡明で成績が良く、いわゆる「良い子ちゃん」で、当時は医師になろうと思っていたが、演劇部の顧問教師からの薦めもあり演劇を始める。

その後入学したボストン大学でも演技を学び、1983年に卒業。

その後ニューヨークに移り、ウェイトレスをしながらオーディションを受けて1985年にソープオペラに出演。

それ以降はオフ・ブロードウェイやテレビ、映画などなどで活躍。
 
 

ロストワールドのサラ ジュリアン・ムーアの現在の姿@インスタ

あんまり変わらないですね。
ロストワールドの時からそれほど変わってないです。
(元々美しい人だしね)

ここ1~2年映画出演はありませんが、それまではずっとコンスタントに女優として活動されていました。

これからも活躍してほしいですね。
 

インスタは頻繁に更新されてるのでぜひ覗いてみてください。
 

 
恋人イアンマルコム博士を演じた俳優さんプロフはこちら↓

 

 
 
31日間の無料トライアルがあるU-NEXT(ユーネクスト)でジュラシックパークシリーズを見るのもオススメ!!


 


もう1人のクズ登場人物、ニックを演じた俳優さんのプロフィール等はこちら↓

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

有名人とか, ,

Author:


たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク