ドラマ

【呪怨:呪いの家】2話を見たのでネタバレありのあらすじ要点と感想!里々佳の演技が良い

2020年7月10日

カモ子です。

早速「呪怨:呪いの家」の2話目を見ました。

初っ端からエグイね。
夜見たくなくて、起き抜けに見てしまったから朝から嫌な気分。

でも2020年の夏の思い出として、呪怨:呪いの家を満喫しようと思います。

呪怨:呪いの家2話 ネタバレありのあらすじ要点

1話目の時と同じように、あらすじの要点だけ軽く書いていきますね。
怖いシーンよりエグイ場面が多く、あまり詳しくは書けないっす。
 

聖美(きよみ)のパート

・聖美、同級生の男友達(雄大)に襲われる

・クラスメートのよしえに写真まで撮られる

・事後、ボロボロになった聖美は帰ろうとするが、聞こえて来た猫の鳴き声に誘われるように2階に行く

・見つけた黒猫を抱き、泣きながら押し入れに入り、ふすまを閉める

・押し入れの中で悔しさと怒りで泣いていると、上から女が見下ろしていた

・聖美の叫び声に雄大が駆け付けると聖美は魂が抜けたような顔をしていた

・一緒に来ていたもう一人の女子高生マイがいないと探し回るよしえを放置して帰る雄大と聖美。

・後日、学校の先生がよしえにマイの目撃情報について話す(行きつけのクラブで見かけたとの情報)

・よしえは目撃情報のあったクラブにマイを探しに行く

・クラブの片隅で制服姿のまま佇むマイを発見、マイに手を引かれて消えて行くよしえ
 

・聖美が約束していた雄大を連れて帰宅すると母は担任の先生を連れこんでいた

・先生が帰ると聖美は母に家を出ると宣言

・そして雄大を脅して母を殺させる

・母の死後、担任の先生がやったと思われるように細工をし、雄大とともに立ち去る聖美

 

 

はるかのパート

・哲也(彼氏)の母に挨拶に行くはるかと哲也

・哲也の家に着き、哲也が母親の様子を見に行っている間、周りの景色を眺めながら過ごすはるか

・「はるか」と呼ばれふり返ると家の近くの公園で哲也が立っていた(服装も全く同じ)

・その時家のドアが開き、哲也が「入って」と言うが、その間ももう一人の哲也は公園からはるかを見つめている

・哲也の家に入って靴を並べ、上がると目の前に何か(赤ちゃん?)を抱きかかえた女性が立っていた

・ハッと気が付いて起きると、そこは楽屋のようなところでマネージャーが「起きた?」と聞いていた

・その時社長から哲也が亡くなったと連絡が入る

・葬儀に向かうはるか、哲也の会社に電話をかけて彼の死を知ったという小田島と遭遇する

・哲也の母に顔を見てやってと言われ、はるかが棺を開けると、そこには大きく口を開け恐怖の表情で死んだ哲也の顔

・哲也母も霊感があるらしい

・ある夜息子哲也の気配を感じてベッドから起き上がる母。

・哲也は何かを訴えるように口をパクパクしてから、去って行った

 

前回 呪怨:呪いの家1話のあらすじ要点と感想はこちら↓↓

 

 

呪怨:呪いの家2話 感想!里々佳の演技力が気になる

怖さはまだまだです。
(ホラー大嫌いな私でも見えたので、きっとあなたも大丈夫。たぶんね)

それよりもそれ以外のエグイ場面の方が凄い。
いじめのもっとひどい犯罪バージョンとか、女子高生が男友達に頼んで母を死なせたりとか。
そっちの方が直視できませんでした。

ちなみに2話目でも里々佳の演技は光っていました。
結構本気で演技をするので(自分を可愛く見せようとしない)引き込まれます。

実はもう3話目も見たのですが、そちらの里々佳も良かった。
良い女優さんだね。
 

しかし朝1に見るのはおすすめできません。
エグいシーンで嫌な気持ちになるので、お昼以降がベター。

 

次回呪怨:呪いの家3話感想はこちら↓↓

 

 


ed曲に関する記事はこちら↓↓

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

ドラマ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク