ドラマ

【呪怨:呪いの家】3話を見たのでネタバレありのあらすじ要点と感想!りりかの笑い声

2020年7月24日

カモ子です。
「呪怨:呪いの家」3話のあらすじ要点(ネタバレ有り)と感想を書いていこうと思います。

やっぱり夏は怪談とかホラーだよねー。

でもこの呪怨、実際にあった事件に絡めてる物語らしく、暴力シーンが多すぎる・・・。
オバケも怖いが、暴力シーンも怖いっす。

とにかく要点だけ書いていきますよ。

呪怨:呪いの家3話 ネタバレありのあらすじ要点


 

聖美(きよみ)のパート

・ゴミ処理施設(?)のようなところで先輩から激しく叱責されながら働く青年(恐らく雄大)。

・家に帰って妻の聖美に八つ当たりし、暴力をふるう

・隣の部屋でそれを聞いている子供、俊樹の前に裸足の女性が迫ってきていた

・暴力夫雄大が部屋から出た後、口元から血を流している聖美は天井から覗く女性を見て笑っていた

・ある日聖美の家を訪ねた児童相談所の女性有安に俊樹が保護されるが、夜には聖美が引き取って行った

・それからまた別の夜のこと、大けが(頭蓋骨骨折)をした俊樹が救急車で運ばれていく

・搬送先の病院で警察官から簡単に事情を聞かれた聖美は夫が電話機で殴ったと説明する

・病室にいた俊樹は天井をぼんやり見つめたまま。意識が戻るかどうかはわからないと医師は言う

・聖美のところに駆けつけた有安だったが、病室から足音が聞こえて来る

・有安が振り返ると、暗い病室から白い上下の小さな男の子が出てくるのが見えた

・自分の人生をやり直したいと泣く聖美

 

はるかのパート

・仕事終わりに小田島がはるかを訪ねてきた

・新刊の本を渡すという名目だったが、本当の目的は哲也が訪れたという家を探ることだった

・連絡するから時間をくれというはるか

・帰宅後哲也との写真などが入った箱の中を確認していると、あるはずのないカセットテープが見つかる

・夜中うなされるはるか、夢の中で、哲也が生前見たものを見る

・後日、カセットテープを持って哲也の母を訪ねる

・哲也母は夜中に子供の足音みたいなものがよく聞こえて君が悪かったから哲也の遺品は全て処分したという

・哲也が行った家を探すべきだと主張するはるか

・決心して、家を探す儀式を始める哲也母

・足音の主を呼び出して家を尋ねると、地図帳のページがどんどん変わり、そこへ青白い手が伸びて来てある一点を指さした

・哲也母が恐る恐る青白い腕の主を見ようとふり返りかけると、哲也の霊のようなものが現れ「行っちゃだめだ!」と怒鳴る

・青白い手によって指さされた地図帳の箇所は焼けた跡のように黒くなっていた

・地図に記された家を訪ねるはるかだったが、その家には既に人が住んでいた

・灰田という表札のあるその家、には夫婦二人が住んでいるようだ

・はるかがその家の前を通っていると、誰もいないはずの2階の部屋から白い服の女の人が窓辺にいるのが見えた

・後日、小田島のトークイベントに途中参加したはるか、小田島は哲也から聞いた話をしていた

・「一戸建ての物件」という手がかり1つで7年間探し続けたがまだ見つからないと小田島は言う

・その時スタッフから何やら耳打ちされる小田島

・たった今、幼女連続殺人事件の被告Mからその家を知っているという連絡が入ったんだそう

・以前から小田島の本を読んでいるというMに、小田島は近々会いに行くと宣言

・はるかは思わず立ち上がり「小田島さん行っちゃだめです!!」と大きな声で言ってしまう
 

 

青白い手が指し示した例の家の現在の住人灰田家とその周囲の人間のパート

・仕事が終わり、どこかに向かう灰田夫の後をつけるサラリーマン風の男

・人目を気にするようなそぶりを見せながら灰田夫が向かった先は喫茶店だった

・知り合いと見られる妊婦と仲良さそうにベビー服を見る灰田夫の姿を、サラリーマン風の男が外から覗き見していた

・サラリーマン風の男(真崎)が帰宅すると、家の中にいたのは先ほど灰田と会っていた妊婦

・真崎妻(妊婦)と灰田夫は不倫関係にある様子で、妊婦は自分の夫に対しては氷のように冷たい

 
 

(呪怨:呪いの家3話 おわり)
 

前回 呪怨:呪いの家2話のあらすじ要点と感想はこちら↓↓

 

 

呪怨:呪いの家3話 感想!りりかの笑い声迫力あった

場面があちこち切り替わるのためあらすじが書きづらく、(はるかのパート)、(聖美のパート)と分けて要点だけ書くようにしていましたが、今回新たな登場人物たちが現れました。

 
哲也が恐ろしい目に遭ったあの家に住んでいる灰田夫婦と、夫の不倫相手の夫婦です。

 
ややこしいので(灰田家とその周囲の人間のパート)としましたが、余計わかりづらくなったような。

次回もっとストーリーがややこしくなったらまたその時に考えます。

 

しかしまぁ今回はちょっと嫌~~な感じがありました。

哲也母の儀式により青白い手が現れるし、女の人が窓から見てるし、病院では意識不明の俊樹の病室から小さい子供みたいなのが出てくるし

今朝はナオキマンショーの怖い話聞いてしまったし、今夜寝られるか心配なんですけど。
(その上今日の四国は朝から雨で不気味なほど暗いしね)

 

話逸れましたが、りりかちゃんの笑い声、恐かったです。

あの子演技派だよね~。

あんなに可愛いのに狂ったように笑ってたあの場面が強烈でした。
ホント、転校してから(転校前も)不幸続きでどんどん堕ちていく彼女を見るのは辛いなあ。

頑張っておくれよ。

 
はいーー。ではまた今日の怖いシーンを忘れられたころに4話見ようと思います。
それじゃ!!

 

聖美役!里々佳のプロフはこちら

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

ドラマ, ,

Author:

336

スポンサードリンク




たわし&カモ子

四国の片隅で潜んでいる姉弟です。
決して怪しい者ではありません。
よろしく。

スポンサードリンク